« 安口西砦跡(兵庫県篠山市) | トップページ | 清水愛宕山城跡(兵庫県川辺郡) »

2010年3月 8日 (月)

井脇城跡(京都府船井郡)

城跡は京都府船井郡京丹波町井脇にあって、井脇集落からみれば国道173号を隔てた西側の山上に位置しており、この山城も先にリポートを終えた実勢城と同様に、京丹波町にあってはほぼ無名に近い山城の一つでもあり、現状詳細は不明。

城跡へは国道173号を利用して向えばよいが、井脇地区まで到達すれば、ルート図を参考に国道からも直ぐ目に留まる、隣に消防施設のある公民館を目指せば良い。ここに車を預ければ真西側に望める山がこれから向う城跡なので、位置確認は直ぐ出来るはずである。後は概念図(画像)に記したお地蔵さんのある場所まで向い、そこから墓地経由で僅かな踏み跡を辿れば、迷わず山上主郭までは到達出来るとは思われる(公民館からは15分前後)。

1route 登城ルート

4 公民館側より遠望

7_tozanguti 進入路

3iw 城跡概念図

12_one_kaku 南尾根郭

13_karabori_ato 空堀跡

15_shukaku_minami_dorui_ato_1 主郭南の土塁跡

17_shukakudan 主郭

現状(11月)城跡は、藪化も相当進行しており、移動に難渋するまでは至っていないものの、部分的には枯れ枝などで視認も困難な場所も多く見られる、自然任せの地表風化も相当進んでいるので、土塁跡あるいは空堀跡などは、見学者が僅かな地形の変化で判別するしかない状況でもある。個人的に遺構と見受けられた箇所は概念図中には記したが、どれも明確に判別可能なものではないので、ほぼ見学者の想像に委ねられるのが現実でもある。ただ規模だけは砦の域は充分出ている様には感じられたが、見応えのある遺構は皆無に近いので、この山城は城跡の所在地、あるいは存在を確認出来ればそれでよいのではないかとも思われる。自ずと興味を持たれた山城ファンだけにお薦めの城跡と言うことになろうか、、。

« 安口西砦跡(兵庫県篠山市) | トップページ | 清水愛宕山城跡(兵庫県川辺郡) »

京都府の山城跡」カテゴリの記事

コメント

TAKUさん今晩
いやいや驚きました。井脇城(私たちは瀧谷の城と呼んでいますが)は、口丹波の城の悉皆調査を行われたW氏(丹波史談会)が、存在を確認された城ですが、一般にあまり配布されていない資料にしか書かれていないように思っていました。私たちは南の神社から上り尾根沿いに辿りつきました。
当時、書留たノートを確認しましたら、低土塁を一部伴う郭2か所を記録していました。この様な超マイナーな城を毎回ブログの記事にされる御苦労は想像に余りあります。これからも楽しみさせていただきます。

三宅播州です
先日は篠山市の城の情報をご教授頂きありがとうございました。
先日お話にありました安口城西砦跡のレポート
一昨日拝見させていただきました
安口城と同じ
く二重堀切の遺構が明瞭に残っているということは必見ですね。
素晴らしいと高評価である安口城と共に
大変興味深く
ぜひ近日中にも訪れさせていただきたいと
思います。
昨日は広島県備後北部(三次、庄原)の山城へ行ってまいりました。
新たに二城興味深い城(黒岩城、甲山城)に訪れました。
この場でその城を語ってしまいますと
長々となってしまいますので
後日ご連絡させていただきたいと思います。
日々のブログいつも楽しく拝見させていただいております
これからもがんばってください。

TAKUです、コメント拝見いたしました。
庄原の方まで足を延ばしておられるのには驚きでした。三次には個人的に踏破したい山城が沢山あるのですが、中々良い機会に恵まれず今日まで至っております。個人的にはまだ当分の間は近畿圏の山城巡りが中心となりそうです。
これから四月にかけての山城巡りが見学もし易く、一番楽しめそうには思われますが、低山と言えども侮れない山城も多く見受けられますので、どうぞ気をつけて訪城に精を出して下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/32484648

この記事へのトラックバック一覧です: 井脇城跡(京都府船井郡):

« 安口西砦跡(兵庫県篠山市) | トップページ | 清水愛宕山城跡(兵庫県川辺郡) »

無料ブログはココログ