« 太鼓山城跡(京都府南丹市) | トップページ | 上木崎城跡(京都府南丹市) »

2010年2月 3日 (水)

越方城跡(京都府南丹市)

城跡は京都府南丹市園部町越方にあって、桂川東側にある越方集落より見れば、その背後の鉄塔の聳え立つ低山山上に位置している。城史に関しての詳細は不明

城跡へは先にリポート掲載を終えた佐切城を起点にすれば分かり易いが、府道25号をそのまま川沿いに北上すればよい。左手に見えてくる橋(片山城へ向う橋)を過ぎれば、ルート図の赤線を参考に辿れば難なく付近までは到達出来るが、直接入山口までは部外車両の進入が禁じられている(看板がある)ので、車の駐車スペースの確保には少し難渋するとは思われる。入山口付近には鉄塔もある(画像に注目)ので場所は確認し易く、そこから急な鉄塔巡視登山10分程度かけて上り切れば、山上郭が迎えてくれるはずである。尚、この集落で到着後、地元の方に城跡の所在地を訪ねた処、快く教えてはもらえなかった(結果的には自力で城跡と目星を付けた山上まで上った)が、最近付近の寺院で大事な仏像の盗難にあったとの話でもあり、どうやらよそ者を歓迎出来る状況にはなかったものと察せられた。これから訪れる方は、地元の方の神経を逆撫でしない為にも、出来るだけ声はかけず、ルート図を参考に位置だけ確認出来たなら、そのまま山上を目指した方が良いものと思われた。

1_1 登城ルート

6 入山口

1_2 城跡概念図

8 登山道へ

12_gedan2 郭2

13_shukaku 主郭内

15_shukaku_higasi_heki 主郭東切岸

21_horikiri_dobasi 堀切土橋見所

23_horikiri_dobasi2 堀切2見所

現状(12月)城跡は、自然に任せたままの風化及び藪化は相当進行中にあるが、コンパクトにまとまった砦規模の山城である為に、郭移動を含めて見学に難渋するまでには至っておらず、ほぼ三郭で形成される山上郭群、二連の堀切、主郭背後に僅かな土塁跡とも見受けられるマウンド地形までは、明確に判別確認可能な状況となっている。主郭側の堀切には土橋が付随しているが、鉄塔側の堀切は巡視道として後で土橋が設置されたようにも見受けられた、、?

城跡を個人的に評価すれば、登山道があるので迷わず上れ、小規模な縄張りも掴み易い現状にあるのだが、山上遺構の見応えを問われると困惑するのは目に見えており、まだ未訪でこの概念図を見て興味を抱かれた方、城跡の存在あるいは所在地を確認したかった方にとっては、よりタイムリーな現況報告となったものと思いたい。楚々とした山城が好きな山城ファンには、充分お薦め出来る物件とは思えるが、、

« 太鼓山城跡(京都府南丹市) | トップページ | 上木崎城跡(京都府南丹市) »

京都府の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/32841940

この記事へのトラックバック一覧です: 越方城跡(京都府南丹市):

« 太鼓山城跡(京都府南丹市) | トップページ | 上木崎城跡(京都府南丹市) »

無料ブログはココログ