« 松原城跡(京都府綾部市) | トップページ | 上村城跡(京都府福知山市) »

2010年2月11日 (木)

石井城跡(京都府福知山市)

この城跡は、以前「城跡呼称の訂正」が必要として既にお知らせした様に、個人的に篠尾向段城を石井城として呼称を取り違えて掲載していた事が判明した。よって今回は外部から得た情報を元に、直ぐ南側に隣接している丘陵上にあるとされる、本来の石井城跡を訪ねるに及んだが、この二城の形態(互いに隣接している事、あるいは石井城は規模が相当大きく館城の様相)からすれば、既にリポート掲載を終えた篠尾向段城は石井城の出城とも窺えるものであり、結果的にはどちらも石井氏の築いた城跡と考えて良いのかも分からない。尚、城史に関しては名が語る様に、石井氏の居城とだけ伝わるのみであり、詳細は不明でもある。

訪問結果としては、堀切を境として三ブロックに分かれて形成された城域(縄張り)は相当広いもので、当然丘陵上における郭占有面積も大きく、自然地形を上手く取り込んで築かれた縄張りは非常に形態がユニークでもあり、更に状態も比較的良い事からも、出城とも窺える篠尾向段城と併せた訪問とすれば、間違いなく充実した山城巡りが可能な様にも感じられた。既に篠尾向段城は訪問された方もおられるとは思うが、ここでは単独で訪れたとしても充分満足感には浸れそうと思えた事からも、是非訪問をお薦め出来る城跡の一つとして、いち早くリポート掲載に及んだ。

1_1_2 登城ルート

6 進入口

1_2 城跡概念図

城跡は福知山市篠尾にあって、ルート図を見れば直ぐお分かりの様に、国道9号より西側にある熊野神社(篠尾向段城と同じルート)を目印として目指せば分かり易い。神社南側の小川沿いにある広い空き地が専用駐車場とも思えたが、確証が持てなかったので自己責任において車は駐車して頂きたい。ここからは概念図通りに歩いて向えばよいが、進入口は城跡に隣接する一軒の住宅に向う道より左側の畦道にそれた箇所からで、かつての祠参拝道を利用すれば、5分とかからず主郭までは到達可能となっている。

19_shukaku_1 主郭内

22_shukaku_kita_dorui 主郭北土塁見所

23_kita_horikiri_heki 北堀切見所

28_shoujihori_dobasi_3 障子堀状の堀切土橋見所

30_nantan_dobasi_horikiri 南端の土橋付き堀切見所

33_shukaku_sokuheki 主郭切岸

36_hokutan_kaku_1 北端の郭跡

現状(二月)城跡は先に触れた様に状態が比較的良いので、山上で形成される遺構は余すことなく見て回れる状況にある。見所は主郭(北側)端にある土塁及び北出郭との境を断つ堀切、南端に備わる障子堀に近い形の堀切(二箇所に分かれて空堀跡が窺える)、更に南側に連続する土橋付き堀切は挙げられるが、連続する堀切は現状相当堆積物によって埋もれているので、多少見応えには欠けるかも知れない、何れにしても主郭南北に備わる堀切が、主郭を形成する切岸と並んで、この城跡において一番醍醐味として感じられる部分ではある。尚、南堀切を境として南側にも広大な山上郭(一部の郭に切岸が窺えるが、状態は荒れ放題でもあり相当悪い!)が見とめられるが、東西に連続するだけで、堀切などの様に分かり易い遺構は現存していなかったので、歩き回って規模を体感する程度に終わってしまった。

« 松原城跡(京都府綾部市) | トップページ | 上村城跡(京都府福知山市) »

京都(福知山)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石井城跡(京都府福知山市):

« 松原城跡(京都府綾部市) | トップページ | 上村城跡(京都府福知山市) »

無料ブログはココログ