« 園部 片山城(京都府南丹市) | トップページ | 若城跡(兵庫県川辺郡) »

2010年1月26日 (火)

佐切城跡(京都府南丹市)

城跡は京都府南丹市園部町佐切にあって、先にリポート掲載に及んだ片山城から見れば桂川を隔てた東側丘陵上にあり、片山城側からは充分望める位置にある。この城跡も桂川沿いに多く点在している砦跡を含んだ城跡と同様に情報は皆無に近く、詳細は不明でもある。

城跡へは片山城を起点とすれば分かり易いが、ルート図より城跡の位置を確認すれば、北東に架かる橋を渡れば直ぐの距離にある。直登口は概念図に示した様に、府道25号沿いからも見える「佐切手造り工房」の手前左手の斜面に取り付けばよいが、木々の少ない裸に近い斜面をそのまま上り切れば、5分とかからず山上南側の空堀までは到達出来る筈である。

1_1 登城ルート

8 直登取り付き口

1_2 城跡概念図

城跡の形態はほぼ概念図に近いと思って頂けばよいものとは思われるが、片山城と同様に100m前後の城域を持つ小規模な山城でもある。此方も尾根北先端には見応えのある片堀切(縦堀)が現存し、更に便宜上の副郭南側には相当埋もれてはいるが、空堀(横堀)が備わっており、僅かではあるが付随する土橋も見て取れた。更に主郭北側にも判別はし難いが、空堀に見える地形も窺われ、小規模ながらも決して安普請に終わっていない城跡の様には感じられた。個人的に概念図に縦堀と記したものは、見る人によってはただの自然地形に映るものでもあることから、見学者が見たままを想像を膨らまして楽しんで頂ければそれで良いものとは思われる。現状(12月)山上郭群は比較的木々も少なく、山城としては良い状態とも言えるので、まだ探せば縦堀などは斜面に存在しているのかもしれない。

17_sita_karahori 土橋付き空堀見所

21sanjyou_kaku 山上主郭

27_karahori 主郭北壁

32_kitakaku 北郭

35_horikiri_1 35_horikiri_3 北端堀切(縦堀)見所

個人的には山上を削平しただけの山城に終わっていない事からも、充分お薦め出来そうには思えたが、片山城と同日訪問とすれば一層山城巡りが充実したものになるのではないかとも思えた。尚、ルート図に示した東側尾根上の東城(便宜上)には、直登取り付き付近に直ぐそれと分かる豪快な縦堀(当時のものと断定はし難い)が、二本(画像に注目)並んで存在しているので、余裕のある方は山上まで上らずとも、それだけ窺うだけでも、決して無駄足には終わらないだろう。もちろん山上は規模の大きい削平地が存在しているだけで、内部にそれと分かる土塁も空堀も窺われなかった事から、敢えて見学には及ばないものとも思えたが、取り合えず参考までに、、、。個人的には更に東に繋がる尾根上を歩き(眺望は楽しめる)、山上最高所まで足を延ばしたが、僅かにそれらしい削平地が尾根上に点在しているだけで、土橋状の尾根(両サイドは空堀に見えた)以外では、はっきりそれと分かる堀切遺構などは確認出来なかった。二城で成立したかの様なその形態は、一城別郭とも見受けられるもので、東に延びる谷合の入り口(東西)を二城で固めたものとも推察されるが、、。

4 東城取り付き地点

8_2 二連の縦堀見所

« 園部 片山城(京都府南丹市) | トップページ | 若城跡(兵庫県川辺郡) »

京都府の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/32687949

この記事へのトラックバック一覧です: 佐切城跡(京都府南丹市):

« 園部 片山城(京都府南丹市) | トップページ | 若城跡(兵庫県川辺郡) »

無料ブログはココログ