« 北谷城跡(京都府綾部市) | トップページ | 姫城跡(京都府綾部市) »

2010年1月17日 (日)

有岡若宮城跡(京都府綾部市)

城跡は京都府綾部市有岡町桧山にあって、丘陵先端部に位置している。綾部にあって本格的に築かれた山城としては、その数も大槻氏の城跡が他を圧倒している様にも見受けられるが、この城跡も他で無数に点在する多くの山城と同様に、現状情報も皆無に近く、ほとんど無名に近い城跡の一つでもある。この地域にあっては形態のユニークさ状態の良さ、ほぼ全体像が窺われる連続縦堀が存在している事、あるいは山道を利用すれば5分とかからず迷わず主郭まで到達出来るお手軽感からも、一般城跡ファン、史跡ファンも全て含めた上で、是非お薦めしたい城跡の一つとしてリポート掲載に及んだ。

城跡へは舞鶴若狭自動車道「綾部」ICが最寄の乗降口、インターを降りれば直ぐに府道77号に合流するが、その合流地点から望めて直ぐの距離にある、南西にある丘陵が城跡でもある。車は公民館に預ければよいものと思われるが、そこからは概念図及び画像に示した様に、細い農道を通って、お地蔵さんのある場所から山道に入れば、迷わず城跡西端の凄い堀切道まで到達出来るはずである。

1_1 登城ルート

7_2  進入路

1_2 城跡概念図

11 14_daihorikiri_2 大堀切見所

15_dorui_1 大型土塁見所

17_shukaku_yagura_2 主郭(大型土塁上)

20_yokobori_une_6 横堀が絡んだ連続縦堀見所

22_inu_basiri 本郭東側切岸と犬走り見所

25_shukaku_heki 主郭南側切岸見所

26_minami_kaku_2 南郭

現状(12月)城跡は、郭跡(主郭)を転用地として社殿が建立されており、その南側に位置する郭跡も公園化の一環としてか、ある程度整備された様にも窺われるものであり、非常に見学し易い状態にあるとは言えよう。縄張りは主郭を中心としてコンパクトまとまったものであり、城域全長は東西に100m足らずの砦規模とも思える小規模なものにも拘らず、先に触れた横堀を絡めた五本の連続縦堀(畝堀と呼べるかも、、)、あるいは便宜上の主郭部における大型土塁(櫓台の機能か?)は、伊賀で見受けられる方形館城の土塁をも想像させるものであり、西端の大堀切(現状堀切道)と並んで見応えは充分感じられよう。他では主郭東側の大規模な郭跡に溝の様な地形が目に留まったが、当時のものとも後世におけるものとも素人目には判断は付き難いものである。個人的に遺構と判別出来たものはほぼ概念図には記したが、北斜面の一部は草木に覆われている事からも、案外縦堀はこの限りではないのかも知れない。少なくとも人家のある南側斜面では目に留まらなかったが、、、。尚、縦堀に関しては、下から見上げれば一部は全体像が窺える箇所がある事からも、満足感には充分浸れそうとは思えた。

« 北谷城跡(京都府綾部市) | トップページ | 姫城跡(京都府綾部市) »

京都(綾部)の山城」カテゴリの記事

コメント

有岡城、実勢城等、非常なマイナー城をご紹介されていますことに驚き、調査の御苦労は大変だろうと思います。どちらも以前友人に連れて行ってもらいましたが、資料など殆ど無く遺跡地図にかろうじて記載されているぐらいと思いますが。特に年末にご紹介いただいた、将監城には大変驚きました。甲ヶ岳城の西の谷は、三和町のルートの(途中の長宮に城が一か所あります)出口が想定されると友人は以前から考えており、早速友人が綾部の知人に確認し次の土曜日に将監城へ行ってみる予定にしています。
今後とも、記事楽しみにお待ちしています。

TAKUです、コメント拝見致しました。
確かに甲ヶ岳城の西側の谷筋は、真南側に大槻氏の最終的な詰城になるのかも知れない高嶽城(まだ未訪)が背後に聳えており、そのまま南東側に向えば三和町川合まで、南西側は高嶽の東側の峠を越えれば、福知山の三俣までのルートは充分考えられそうですね。
高嶽城は未だに踏破しておりませんが、大槻氏関連の山城は全て踏破してみたい希望もあって、何時か機会があれば訪れてみたいとも思っております。

登録していただくほどではありません。いつも山城賛歌を利用させていただいております。
アクセスが分かりやすく書いて頂き、大助かりです。城跡巡りを始めて7年になります。単独行、公共交通手段利用です。700城は行きました。
若いころから旅や登山はいつも単独ですので慣れています。感謝の気持ちを伝えたいと思います。

励みともなるコメント有難うございました。
それにしても登城リポートがお役に立てて何よりです。
私同様、単独行だそうですが、同じ山城を愛する者としては、非常に心強く感じられる次第です。これからも怪我のないよう、末永く山城巡りを続けて頂ければ幸いに思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有岡若宮城跡(京都府綾部市):

« 北谷城跡(京都府綾部市) | トップページ | 姫城跡(京都府綾部市) »

無料ブログはココログ