« 杉生城跡(兵庫県川辺郡) | トップページ | 太鼓山城跡(京都府南丹市) »

2010年1月31日 (日)

諏訪山城跡(京都府南丹市)

城跡は京都府南丹市園部町船岡諏訪にあって、山陰本線「船岡」駅の直ぐ西側の、ほぼ独立した低山山上に位置しており、既にリポート掲載を終えた円錐形の山の山上に位置する藁無城は、府道を挟んで北西側に直ぐ望める位置にある。真南には蜷川城がある事からも、その関連性は窺われるも、城史に関しての詳細は不明。ただ個人的に麓まで達する三方尾根上全てを踏破した訳では無いが、山上における縄張りは変化に富んだものであり、規模も三百mに渡って郭が展開されるもので、山上郭間に高低差は余り無いが、尾根を遮る合計四本空堀、あるいは規模の大きい郭跡は非常に見応えが感じられた。しっかりした縄張りプランは、蜷川城の縄張りとは比べるべくも無く、削平及び切岸は長年の風化によって曖昧となってはいるが、現状でも縄張りは充分把握可能な状態にある。この山城は南丹地区においては、巨大城塞群である八木城を除けば、大型の山城が少ないだけに貴重な城跡とも目に映ったが、是非訪問をお薦めしたい城跡の一つに加えられた。

1_1_2 登城ルート

8tozanguti 墓地のある登山口

1_3_2 城跡概念図

城跡へ国道9号より向えば、園部に入って府道19号へ進路変更、京都縦貫自動車道を利用すれば園部ICが最寄の乗降口となる。取り合えずルート図の如く船岡駅を目指せば分かり易いが、城跡への進入口は無人駅のホームから線路を隔てて直ぐ西側に見える墓地からで、ルート図の赤線を辿れば迷わず辿り着けるだろう。墓地からは山道が左手側(画像に注目)に見えるが、そこから踏み跡程度の山道に任せれば、途中尾根上の削平地を通過しながらも難なく主郭には到達出来る(墓地から15分程度)ものと思われる。

16_horikiri_dorui 主郭東土橋付き空堀、土塁見所

20_shukaku_minami_horikiri_dobasi 主郭南土橋付き堀切見所

22_shukaku_dorui 主郭土塁見所

25_2maru 城中最大規模の二の丸見所

26_2maru_dorui_1 二の丸の土塁見所

31_kita_horikiri_dobasi 北側の土橋付き空堀見所

37_minamikaku_hakohori_3 南郭の箱堀見所

38_minamikaku_hasi 南先端郭

現状(一月)城跡は、主郭周辺だけは密生する矢竹によって見通しは利かず、外見から全体像は窺えない状態にあるが、概念図に示した他の山上における郭群は、移動にも難渋せず比較的見学し易く、付随する遺構も充分判別確認可能な状態(良いとは言えない)にある。その中で目に留まったものとしては、主郭三方を囲む土塁、便宜上の二の丸先端の土塁、先に触れた土橋を伴った空堀縦堀に繋がる堀切などが挙げられるが、これらは遺構としては分かり易い、削平の行き届いた郭跡と並んで城跡の見所でもあるので、決して見逃してはならない。

この山城に関しては、郷土史には載せられているのかも知れないが、現状情報は皆無に近いものであり、これからも新たな情報が得られるとは思い難く、こうしてブログに掲載しない限りは、絶対に表には登場して来ないような気もするのである。個人的には是非この素晴らしい遺構の現存する山城を知って頂きたいし、山城ファンにおいては期待は裏切られないものとも思えたので、状態が良いとは決して言えないが、この山城の醍醐味を是非味わって頂きたいと思うのである。  尚、ルート図中にある太鼓山城は次で掲載の予定

« 杉生城跡(兵庫県川辺郡) | トップページ | 太鼓山城跡(京都府南丹市) »

京都府の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/32961331

この記事へのトラックバック一覧です: 諏訪山城跡(京都府南丹市):

« 杉生城跡(兵庫県川辺郡) | トップページ | 太鼓山城跡(京都府南丹市) »

無料ブログはココログ