« 藪内氏城跡(三重県伊賀市) | トップページ | 福谷城跡(神戸市西区) »

2009年11月10日 (火)

篠尾羽合城跡(京都府福知山市)

城跡は福知山市篠尾/羽合(ハアワセ)にあって、国道9号を走れば車窓からも望める丘陵上に位置しており、加茂神社の南側背後の裏山あるいは共栄学園高校のグラウンド場から見れば西側の丘がそれにあたる。城史に関しては不明

城跡へは福知山市内に入れば、国道9号沿いにある「ツタヤ」あるいは「ユニクロ」を目指せば分かり易いが、「ユニクロ」付近からはルート図の赤線を辿れば、登城口でもある加茂神社までは難なく到達出来よう。車は児童公園(概念図に示した)付近の広い道路には充分な空きスペースがあるので、自己責任において停めればよいものとは思われるが、そこから歩いて目印となる神社を目指しても5分とはかからない。神社敷地も当時の郭跡とも見受けられるものであり、既にここから城域に足を踏み入れている事にもなるが、社殿背後より山道に従えば、自ずと主郭と南郭の堀切までは直ぐにでも到達可能となっている。

1route 登城ルート

7 進入口

3h 城跡概念図

現状(10月)城跡は思ったより藪化は進行しておらず、主郭は木々に遮られて見通しも悪いが、他は風化は激しいものの遺構はほぼ判別確認可能な状態にある。結論から先に言えば、この城跡は住宅が直ぐ傍まで迫りながらも、遺構残存度には素晴らしいものがあり、南東側がグラウンド場の造成の為に、どれだけ遺構が消失したものかは想像もし難いが、とにかく現状だけでも充分満足の行く遺構見学が出来、縄張りも手に取るように窺えるものとは思われる。目に留まった城跡遺構は概念図に記したが、城跡を形成する上では定番とも言える、堀切(空堀)、土塁(縦土塁も含む)、櫓台土塁、縦堀、虎口などは全て眼にする事が出来、細部まで目を配れば、機能の想像し難い地形(遺構)も多少あるが、縄張り妙味も含めて現存する遺構を堪能する事が出来そうにも感じられた。当然山城ファンだけに止まらず、城跡ファンなら誰でも楽しんで見て回れそうにも思えたのである。

12_shukaku_higasi_karabori_1 空堀

13_shukaku_kita_heki 主郭北側切岸

14_yagura_1 主郭櫓台土塁見所

17_nisi_horikiri_1 主郭西堀切見所

25_nisi_daidorui_1 西大土塁(縦土塁)見所

27_gedan_dorui 主郭南下段郭の土塁跡

28 南堀切(堀切道)見所

37_oku_daidorui

西大土塁側壁

見所は先に触れた遺構及び城跡の佇まいも含めた全と言っても過言とは思えないが、先にリポート掲載を終えた、近くにある半田城(遺構残存度が非常に高い)と同様に、非常に訪ね易い場所にあるので、同日訪問も充分可能であり、国道を移動中に寄り道気分で訪問する事も出来るお手軽さを思えば、是非訪問をお薦めしたい城跡という事にはなろうか。

« 藪内氏城跡(三重県伊賀市) | トップページ | 福谷城跡(神戸市西区) »

京都(福知山)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 篠尾羽合城跡(京都府福知山市):

« 藪内氏城跡(三重県伊賀市) | トップページ | 福谷城跡(神戸市西区) »

無料ブログはココログ