« 三俣城跡(京都府福知山市) | トップページ | 竹長城跡(福井県小浜市) »

2009年10月 9日 (金)

野間中城跡(大阪府豊能郡)

この城跡は個人的には既に野間城(本城)と並んで、昨年中にリポート掲載は同時に終えたものだと勝手に思い込んでいた処、最近になって忘れている事に気が付き、多少情報の鮮度は落ちてはしまったが、取り合えずまだ未訪の方の為に急遽掲載に及んだ。

城跡は大阪府豊能郡能勢町野間中にあって、当時丸山城を居城とした能勢氏の分かれが野間に城を築き、地域名である野間氏を名乗ったことにより始まっているが、野間豊後守によって小倉山に城を築くものの、完成間際で中止(理由は謎)になったものであると北摂の歴史では伝えられている。

城跡へは国道477号を走れば「野間中」交差点で県道4号で東へ針路変更、後はルート図あるいは概念図の如く城跡への進入口でもある目印となる「六地蔵」を目指せば、そこからは10分内で山上までは到達可能となっている。ただ途中までは山道らしいものはあるが、山上へ向いて通過する休耕地は、荒れ放題で下草も多いので直ぐ道は途絶えてしまう。しかし低山なので草木の少ない箇所を選んで上れば、どのコースでも縄張り内には難なく辿り着く事は可能でもある。

1z_1 登城ルート

4 城跡進入路

Noma_nakajyou_2 城跡概念図

18_horikiri 中央堀切見所

20_kaku1 西段郭群

21_kaku1_karabori_1 西下段空堀地形

24_kaku2 西下段2

28_shukaku_dorui 主郭土塁見所

31_kaku3_yori_shukaku_heki 北郭より主郭切岸

城跡の形態としては山上を東西に分断する中央堀切を挟んで二方に郭群は分かれて配されており、便宜上主郭とした西郭群の方が土塁、櫓台土塁、切岸、空堀状の窪などの様に、地形から遺構としてある程度判別し易く残ってはいるが、東郭群は削平も切岸処理も甘く、途中で築城が中止された事を充分物語っている様にも感じられた。遺構として判別可能なものは概念図に示したが、風化及び堆積物などの影響もあって、地形の変化から明確にそれと判別出来るものは限られてくるのが現状でもある。ただこの城跡が完成に漕ぎ着けていたなら本城である野間城よりは随分規模で劣るが、縄張り妙味に関してなら勝っている様にも感じられるのである。谷川沿いにある野間館を南の野間城、北はこの野間中城で挟む形で築かれたこの城跡は、縄張りプランから考えても砦の域は充分出たものであり、本城からみれば自ずと支城として考えれば良いのかもしれない。まだ未訪の方には野間城(本城)あるいは谷川沿いにある野間館跡と併せた、三城同日訪問を是非お薦めしたい。尚、車は三城同日訪問を前提とすれば、付近に路駐可能なスペースも見当たらない事からも、ルート図にある「円珠寺」に預ければよいものと思われる。

« 三俣城跡(京都府福知山市) | トップページ | 竹長城跡(福井県小浜市) »

大阪府の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野間中城跡(大阪府豊能郡):

« 三俣城跡(京都府福知山市) | トップページ | 竹長城跡(福井県小浜市) »

無料ブログはココログ