« 松島氏城跡(三重県名張市) | トップページ | 但馬上野城跡(兵庫県養父市) »

2009年9月10日 (木)

養父神社城跡(兵庫県養父市)

城跡は養父市養父町養父市場にあって、広い敷地面積を所有する養父神社の沢を跨いだ社務所あるいは神社境内を屋敷跡あるいは居館跡と想定した場合、その南背後の後方尾根上に位置している。当時は垣屋氏の居城を伝えているが、垣屋氏惣領家となる本城はまだ未訪ではあるが、大規模を誇る楽々前(ササクマ?)城と聞いており、この養父神社城は一族の拠った支城として位置付けて良いのかも知れない、垣屋氏はその後も豊臣大名として生き残っている所をみれば、在地但馬勢力の中でも最初から秀吉側に組していた様にも思われる。

城跡へは先にリポート掲載を終えた上野城跡を起点にすれば分かり易いが、国道9号「上野」より国道312号へ針路変更後北上、その後は「大屋橋」を東へ渡れば、ほぼルート図の如く進行すれば難なく目的地でもある養父神社には到達出来る。社殿の建立されている敷地が当時の居館跡とも見受けられたが、相当近年において造成整備された状況でもあり、現状では城跡としての雰囲気は全く感じられない。むしろ沢を西へ跨いだ側にある、社務所側上段に位置する規模の大きい郭跡の方が見ようによってはそれらしく感じられた。本来の目的でもある山上郭群は形態から考えても詰城の様相を呈しており、概念図を参考にして土塁の目に留まる地点より踏み跡の残る木々の少ない斜面を上れば、10分内で難なく山上主郭までは到達出来るとは思われる。

1route2 登城ルート

Jinnjya 養父神社

3ya 城跡概念図

11_yasiki_1 居館跡か?

16_dorui 土塁跡(山上へ)

18_3dan_kaku 北三段郭

24_karabori_dobasi_2 北空堀土橋見所

25_2maru_2 二の丸

28_shukaku_yori_dobasi 29_dobasi_3 中央の空堀土橋見所

31_shukaku_yagura 主郭櫓台見所

33_haigo_minami_horikiri_1 南堀切見所

現状(八月)城跡はこの時期でも藪化までには至っておらず、非常に見て回り易い良い状態にあり、山上における城跡遺構は全て判別可能な状況でもある。5世紀に渡る風化を考えれば全体的に切岸は甘くはなっているが、空堀に付随して設けられた土橋などは、まるで当時の状態が今でも保持されている様にも窺われ、城跡にあっては抜群の存在感を誇っている。もちろん城跡唯一最大の見所でもあり、この三本の空堀(堀切)とそれに付随する状態の良い土橋が見学の全てである、とも言い切れる遺構の様には思われた。反面、他で見応えのある遺構に巡り合えなかったとも言えるのだが、、、。しかしこの城跡は社殿東側(先端尾根の裏側)にも土塁を付随した虎口、あるいは堀切(道)地形、数段に重なる屋敷跡の様な地形が相当広域に渡って目に留まり、更にその背後尾根上には削平地(物見か)と、城跡を構成する遺構は目白押しとなっている。これらが全て当時の遺構といった確証はないが、見る人が見れば沢を跨いで展開される城域の広さを充分体感出来るのではないだろうか。個人的には夕方近くに訪れた事もあってじっくり見学する事は叶わなかったが、それでも充分な満足感に浸ることは出来た。山上詰城、麓に根小屋(居館)の形態は一目瞭然の縄張りプランでもあり、戦国期を物語るには充分過ぎる最良の教本ともなりえる城跡とみた。山城ファンは元より、一般の城跡見学者にも、神社参拝ついでに寄られる事を是非お薦めしたい城跡の一つである。

« 松島氏城跡(三重県名張市) | トップページ | 但馬上野城跡(兵庫県養父市) »

兵庫(但馬地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/31004407

この記事へのトラックバック一覧です: 養父神社城跡(兵庫県養父市):

« 松島氏城跡(三重県名張市) | トップページ | 但馬上野城跡(兵庫県養父市) »

無料ブログはココログ