« 若山城跡(三重県伊賀市) | トップページ | 河守城跡(京都府福知山市) »

2009年9月20日 (日)

蓼原城跡(京都府福知山市)

城跡は福知山市大江町蓼原(タデハラ)にあって、集落の西側丘陵上に位置しており、国道に突き出した尾根先端から山上に向いての尾根上が城跡。この城跡も大江町にあっては、由良川沿いに数多く点在する無名に近い山城の一つでもあるが、進入口となる国道沿いには少し朽ちた城址標柱もある事から、この地区においてはある程度知れ渡っている城跡なのかも知れない。同日訪問となった直ぐ近くの山に位置する河守城と同様に、その当時は新治(ニイハリ?)氏の居城と伝わっているが、やがて赤井氏によって滅ぼされている模様。京丹後市の峰山町新治に居城を構えた、一色氏の一族でもある新治氏とは同族、あるいはその庶流となるものかも分からないが推察の域は出ない。尚、規模あるいは縄張り形態から察する処、河守城からみれば此方は支城の可能性が高いものと見受けられた。

城跡へは国道175号より由良川沿いに宮津に向いて車を走らせればよいが、近畿タンゴ鉄道「大江」駅の手前付近が蓼原地区でもあり、ルート図を参考に国道沿いの「六地蔵」を目に向えば、難なく城跡への進入口(画像に示した)は見つけられるとは思われる。進入口となる「六地蔵」数十m手前の国道沿いには、居眠りパーキングも設置されているので駐車に困る事は無いが、そこから集合墓地に到達すれば、最上段の墓地(新治家、桐村家の墓所がある)からは直ぐにでも尾根上の郭跡に到達可能である(パーキングからは10分内)   

Tadehara 登城ルート

5_tozanguti 進入口

Tadehara_1 城跡概念図

10_2jyuu_horikiri 二重堀切見所

12_tate_horikiri_2 縦堀に繋がる堀切

17_2jyuu_hori_dorui_2 巨大土塁を伴う二重縦堀見所

21_shukaku 主郭内の現状

26_kitakaku_karaboridou_1 北郭群の空堀道見所

31_kitakaku_nobori_koguti 北郭上り虎口見所

30_kita_sentankaku 北郭先端

37_dobasi 長い土橋見所

現状(九月)城跡はこの時期においても移動に難渋する事も無く、縄張り内における遺構は画像を見ればお分かりの様に、ほぼ判別可能な比較的良い状態にある。城跡の見所は便宜上主郭とした大規模な郭跡の背後に横たわる二重堀切は挙げられるが、堀切を挟んだ形の大土塁は一部中央は欠けてはいるものの、充分な幅(堀切幅は10m以上)を持たせたものでもあり、縦土塁を伴って縦堀に繋がる様は正に圧巻と呼ぶに相応しいものの様には感じられた。長年の堆積物を考えれば当時においては薬研堀の如く相当な高低差があったものと想像される。ここから北西側に位置する便宜上(概念図上)の北郭群へ移動するには数分とはかからないが、この北郭群における遺構(土塁跡、上り虎口)は、風化は激しいが充分判別は可能でもあり、虎口から麓にまで繋がる深い堀切道と並んで非常に目を楽しませてくれている。更に北西側山上に向う、連続する長い土橋も見所の一つ  

既に何回も行き来しているこの国道ではあるが、これだけ小さな城址標柱では当然目にも留まらなかったはずである。もう少し国道からも目に留まりやすい大きさの案内板にして頂ければ、寄り道してでも訪れる城跡ファンは必ず増える様な気はするのだが、、、 遺構見学のし易さ、あるいは直ぐ到達出来るお手軽さを踏まえれば、次でリポート掲載予定でもある河守城と併せた訪問としても、間違いなく充実した山城巡りが出来そうにも思われた。 当然お薦め(単独としてもお薦め)出来る城跡と言うことにはなるだろう。

« 若山城跡(三重県伊賀市) | トップページ | 河守城跡(京都府福知山市) »

京都(福知山)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蓼原城跡(京都府福知山市):

« 若山城跡(三重県伊賀市) | トップページ | 河守城跡(京都府福知山市) »

無料ブログはココログ