« 高田城(兵庫県朝来市) | トップページ | 土山城跡(滋賀県甲賀市) »

2009年8月13日 (木)

大藪城跡(兵庫県養父市)

城跡は兵庫県養父市養父町大藪にあって、付近には大藪古墳群のある事からも古墳群見学の為の遊歩道コースは設置されてある様に見受けられたが、現在この山城を訪れる為だけの登山道は見当たらず、城山に上るには整備された古墳見学ルートを利用して、途中からは急斜面の直登(木々が少なく藪漕ぎはほとんど無い)を余儀なくされるのが現実でもある。ただ訪問結果としてこの城跡は、この時期(7月)にしては郭間移動もし易く、比較的状態もまし(郭内の見通しは困難)な方であり、残存遺構はほぼ判別確認可能な状況にある事からも、規模は小さいが山城ファンには充分楽しめる城跡として掲載に至った。城史に関しての詳細は不明

城跡へは先にリポート掲載を終えた寺谷城を起点とすれば分かり易いが、寺谷城へ向かう為に右折した一般道104号はそのまま豊岡に向いて進行、「千石橋」交差点まで辿り着けば右折、後はルート図に示す様に現地古墳案内板を右折して「こうもり塚古墳」を目指して進行すればよい。この付近には狭いながらも路駐スペースはあるので、ここからが城跡目指してのスタート地点となる(道が狭いので他には路駐箇所は無い)。ルート図には複雑で紛らわしいので示さなかったが、個人的には「こうもり塚古墳」背後からの見学ルートで城跡を目指した、しかしこのルートは途中から山道が三方に分かれており、道標も設置されていないので迷う恐れのある事からも、これから訪れる方には迷い難く城跡までは最短で到達出来るであろう、溜池経由の整備されたルートを赤線で示した。直登取り付き地点は山道沿いの沢筋、軽トラの廃車が放置されてある地点を目安にすれば分かり易く、その手前あるいはそれを過ぎて左手(西側)急斜面に取り付けば、10分とかからず山上主郭には到達出来る(「こうもり塚古墳」からは20分要す)はずである。

1route 登城ルート

4 城跡進入路

3oo 城跡概念図

10_horikiri_1 北大堀切見所

12_shukaku_heki 堀切壁見所

13_shukaku_1 主郭内の現状

15_shukaku_minamiheki 南下段郭より主郭側

19_ninomaru_gawa_1 二の丸側切岸

22_horikiri_2 西堀切と大型土塁見所

27_nansei_kaku_gun 南西郭群

28_dankaku_heki_1 南西郭群の切岸

城跡は概念図に示したまでが自身で歩き回った範囲であり、目に留まった遺構群であるが、南側に向う枝尾根全ての踏破は周囲が崖状斜面ともあって叶わなかった、当然図中に示したまでが縄張り、あるいは遺構の数々とは思われないのだが、山上郭群はほぼ踏破出来たので、ある程度の満足感に浸ることは出来た。(城跡の形態あるいは地形上からも未踏南枝尾根上に見応えのある遺構が存在する様には見受けられなかった、、)城跡の見所としては主郭北尾根を断つ豪快な堀切(切岸の高低差は凄い)、高低差のある切岸壁数箇所の斜面に明確に残る縦堀(全体的に周囲斜面上には数本の縦堀地形は窺われたが、、?)などが挙げられるが、縄張り変化に富んだ城跡の形態そのものも充分見所と言えるものでもある。小規模な城跡ではあるが自分の中ではなぜか印象度の高い山城の一つになった。

« 高田城(兵庫県朝来市) | トップページ | 土山城跡(滋賀県甲賀市) »

兵庫(但馬地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/30610395

この記事へのトラックバック一覧です: 大藪城跡(兵庫県養父市):

« 高田城(兵庫県朝来市) | トップページ | 土山城跡(滋賀県甲賀市) »

無料ブログはココログ