« 樋口城跡(兵庫県豊岡市) | トップページ | 大谷城跡(兵庫県豊岡市) »

2009年7月11日 (土)

鳥居城跡(兵庫県豊岡市)

この城跡は豊岡市出石町鳥居にあって、以前より国道426号を利用して出石町から豊岡市内へ向かう度に城山の位置確認はしながら通過していたが、ここ最近になって山肌がむき出しになっている事から、どうも発掘調査あるいは住宅造成工事の掘削跡とも見受けられたので、遺構が破壊されない今の中に覗いておこうと思い立って現地を訪れたものである。

城跡へは国道426号よりほぼルート図通りで到達出来るが、426号から鳥居橋を渡る事は現状出来ない(東西通行止め)ので、一旦通り過ぎて北側から国道482号に向いて車は進行しなければならない。現地に到着すれば車の路駐スペースは鳥居橋付近に充分あるので心配はないと思われる。そこからは概念図に示したように歩いて城跡まで向えばよいが、道路上から東側の植林地を覗けば、木々の隙間からもはっきりと分かる主郭切岸と大堀切が直ぐ目に留まるはずである。

結果的に城跡の傍には隣接して新しい住宅地が建っており、多少遺構は造成工事によって消失したものとも予想されたが、いざ城跡まで上ってみると見事に発掘調査の跡(掘削穴)が一部の郭跡に残っていた。どうやら推察通りに近年発掘調査がなされた模様であるが、見る限り余り破壊も受けておらず遺構もほぼ当時のままの様には感じられた。もちろん調査後のリサーチはしていないので、どの様な調査結果が出たのかは知る術も無いし、調査後に数100年間に渡って風雪を凌いで来た当時の構築物を確実に後世まで保全して行くといった姿勢が見えて来ない限りは、個人的には余り期待も興味も持ってはいないのではあるが、、、。(当時の土木技術の凄さを窺い知る為にも是非このまま遺構は保存し遺して頂きたい)

1route 登城ルート

5 鳥居橋より遠望

3to 城跡概念図

個人的には当時における縄張りプランと優れた土木技術を伴う遺構の見学だけが目的であり、目の前にした遺構だけが真実であり、その醍醐味を素直に味わう事に全てをかけているので、何時もの事ながら現状(六月)見たままをリポートさせて頂くが、結論から先に言えばこの城跡は道路側から5分とかからず直立に近い凄い堀切(切岸が美しい上に主郭までの高さが凄い)まで到達出来る事、あるいはコンパクトにまとまっている為に縄張り妙味は余り感じられないが、状態も比較的良い事を踏まえれば、充分見学に値し是非訪問をお薦めしたい城跡と言うことにはなりそうである。城史に関しての詳細は不明

13_horikiri 13_horikiri_1 南大堀切見所

16_shukaku_yagura_1 主郭南櫓台?見所

18_shukaku_dorui 主郭西側の土塁見所

21_higasi_koguti_1 主郭東虎口跡

27_fukukaku_1 副郭内

26_fukukaku_tatebori_2 副郭東の縦堀地形

30_higasi_kaku 東郭

33_minami_one_tatebori 南尾根上の縦堀

城跡を歩き回った結果、自作概念図に示したものが自身で判断した遺構と呼べそうなものになるが、明確に判別出来る遺構としての見所は前述の大堀切、南郭に備わる縦堀、主郭東半分を巡る土塁(南端には櫓台土塁)、便宜上副郭とした東側虎口に備わる三本の縦堀地形が挙げられる。副郭には一部土塁跡は窺われたが、北西側に設けられた配水施設跡の造成土盛の様な気がしないでもない。ただ北斜面下方側に現在住宅地が建っているので、本来の郭跡がどこまで削り取られて、どれ位消失したものかは想像に任せるしか無い様にも思われた。尚、ここから南へ尾根沿いに上れば形態の明らかに違う城跡遺構が山上にかけて残っているが、そちらの現況報告は次で掲載予定

« 樋口城跡(兵庫県豊岡市) | トップページ | 大谷城跡(兵庫県豊岡市) »

兵庫(但馬地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/30309156

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥居城跡(兵庫県豊岡市):

« 樋口城跡(兵庫県豊岡市) | トップページ | 大谷城跡(兵庫県豊岡市) »

無料ブログはココログ