« 田矢伊予守城跡(三重県伊賀市) | トップページ | 仏清城跡(兵庫県豊岡市) »

2009年6月13日 (土)

岩吹城跡(兵庫県豊岡市)

城跡は豊岡市但東町木村にあって、既にリポート掲載済でもある「亀ヶ城」の支城でもあり、太田氏一族の居城と伝わっているが、今回は本城から見れば西の抑えとしたこの山城へは年を改めての訪問となった。あの素晴らしい本城から察すれば相当遺構にも縄張り妙味にも期待が持てそうには思われたが、結論から先に述べれば、本城が凄過ぎる為に当然全てに於いて見劣りはするものの、残存遺構としての堀切、連続縦堀、櫓台大土塁、鋭角に削られた郭切岸と縄張り妙味もさることながら、歩き回っても次から次へと目を楽しませてくれる山城であり、藪化は進行中にあるがこの時期(五月)でも存分に歩き回れることが出来る状態でもあり、是非お薦め出来る城跡としてリポート掲載に及んだ。

城跡へは本城でもある亀ヶ城訪問コース(但東町へ京阪神から向うルート)国道426号を経由して「出合」交差点は右折、そのまま国道482号を走れば木村集落手前の道路沿いに目印となる「メモリアルホールおのえ」の看板を確認、後は図に示した様に看板先の墓参道より墓地を経由したルートで、多少踏み跡の残る急斜面を巨大岩壁を右手に見ながら斜行して登れば、10分程度で南側斜面に備わる堀切までは到達可能である。

1route1_2 登城ルート

6 城跡進入口

3i 城跡概念図

現状、城跡はこの時期にしてみれば非常に見学し易い状態にあり、概念図に示した遺構群はほぼ判別確認出来る状態でもある。ただ連続縦堀(畝状に見える)にも見えそうな空堀(三条)は緩い斜面上に設けられている事からも相当埋もれており、じっくり全体像を眺めなければ中々判別は難しそうには思える(当然見学者の判断に委ねられる)。見所としては先に述べた堀切(空堀を含めた)群、西郭の防備として設けられた大土塁、南郭の櫓台大土塁は真っ先に挙げられるが、主郭北斜面を数10mほど下りた辺りに展開される、土塁虎口あるいは切岸処理を伴う広大な郭跡(便宜上北出郭とした)も見逃してはならない遺構群と思えた。この郭跡には古来より神社が建立されていたと聞いたが、見る限り雑木に覆われた地表は荒れ放題でもあり、その面影は全く感じる事が出来ず、恐らく当時の広大な郭跡を後世に神社敷地として転用したものとして解釈しても良いのかもしれない。

12_horikiri 南堀切見所

15_minami_kaku_1 南郭、奥大土塁見所

23_shukaku_1 主郭内

26_nisikaku_daidorui 西郭の大土塁見所

30_demaru_horikiri 西堀切見所

31_daikarabori 西出郭の大空堀見所

32_une_1 連続縦堀見所

35_kitakaku_dorui_koguti 北出郭土塁虎口見所

今回は、山城としての魅力の全てを備えた亀ヶ城が今でも脳裏に焼き付いている事からも、支城としての機能を持つこの山城には出来るだけ先入観を持たずに訪問したが、予想を上回る縄張り妙味、期待した以上の遺構の醍醐味にも触れる事が出来、個人的には充分過ぎるほどの満足感を得る事が出来た。

« 田矢伊予守城跡(三重県伊賀市) | トップページ | 仏清城跡(兵庫県豊岡市) »

兵庫(但馬地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ はじめてお便りいたします パソコンは
何をどうするのかも解りませんが?ご連絡方法も知りません 本当に偶然に山城賛歌を拝見致しました
そして父母から聞いていました、我岩吹城の記事を
見て兎も角ここに記入しました 色々な事情がからみで今日に至りましたが、10年くらい前までは城跡の近くに岩吹城跡の看板が有りましたが今は壊れてありません お名前は解りませんが”TAKU”様に
ご連絡頂ければ本当に有り難いのですが。

TAKUです、コメントご拝見させて頂きました。
コメントの内容から私自身が察するには、岩吹城は岩吹様のルーツとなる可能性のある山城と見受けられましたが、自身が所有する城史などに関しての情報は、現状皆無に近いものであり、恐らく今後も岩吹様にとっては何のお役にも立てないものと心得ます。
更にご連絡を取りたいとの内容でしたが、このブログ「山城賛歌」は、全ての城跡ファンの方に対して城跡へのアクセス方法を含めた、山城巡りのアシストだけを目的として運営したものであります。よって今まで寄せられた公開中のコメントも、その返信内容も含めて、全て公開した中でのやり取りとなっている関係上、コメントに対してのプライベートなメール交換をする方針は、私自身今のところ持って居りません、どうぞご理解して頂ければ幸いです。
今回の様に、公開された中での送受信といった形であるのであれば、私自身何時でも歓迎する所存ではおりますが、、、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/29743460

この記事へのトラックバック一覧です: 岩吹城跡(兵庫県豊岡市):

« 田矢伊予守城跡(三重県伊賀市) | トップページ | 仏清城跡(兵庫県豊岡市) »

無料ブログはココログ