« 鈴尾城跡(広島県安芸高田市) | トップページ | 上狭川城跡(奈良県奈良市) »

2009年5月18日 (月)

沢城跡(奈良県宇陀市)

城跡は奈良県宇陀市榛原区沢にあって沢集落の北側に聳える山の山上に位置しており、伊那佐山から南東側に延びる枝尾根を堀切で分断して築城されたたものであるが、沢氏あるいは一時高山氏の居城とも伝わり宣教師であるフロイスの「日本史」にも記載されている山城がどんなものか体感したくて今回の訪問となった訳である。2z 3zz

1route 登城ルート

城跡登山口までは国道を使用すれば色々なルートが考えられるのでここでは割愛させて頂くが、沢地区に入れば麓からはルート図に示す様に二通りのルートが選択出来、今回は登山客も多く上ると聞いた大貝地区から伊那佐山へ上る登山ルートで城跡を目指した。個人的には城跡北背後尾根まで探索したかったので一旦伊那佐山尾根分岐地点まで上ってそこから尾根沿いに南下する方法を取った。もちろん通常の遺構見学で訪れる方は登山道中の池を通り過ぎて山側に上ればよいのであるが、前者は相当遠回りになるが城跡最北の土橋、二重大堀切あるいは米山城も見学出来る事からもこの方法を選んだ訳である。

しかし北側尾根上において確認出来たのは土橋と二重堀切だけで登山道を外れると一面雑木藪であり米山城が一体どこに存在するのか見当も付かない状況でもあった。結果的には見つける事が出来ずにそのまま山上主郭へ向ったのだが、此方も現状(三月)冬枯れ後であるにも拘らず凄まじい矢竹藪となっており、郭跡に踏み入る事が出来るのは木のベンチのある出郭の一部分と主郭の一部分のみの状態で、外見から郭を覗く事も出来なければ郭内の遺構の確認などはほとんど不可能な状態でもある。結果的には出郭北側の二重堀切と主郭と出郭間の大堀切を確認したのみでほぼ矢竹藪を見学しに山上まで訪れた事になってしまった。もちろん個人所有の城山とも見受けられるので仕方のない事ではあるが、麓に榛原町が設置した案内板や道標まで備わっているのであれば、せめて主郭の一部だけでも整備して欲しかったと思うのは自分のわがままであろうか、、たまたま訪れた時期が悪かったとも考えられるが、現状を見る限りでは恐らく自分と同じ思いで城跡を後にした方が相当居られるような気がするのである。

今回の訪問においては少し期待があっただけに無念さを味わいながらの下山となったが、流石にいつもの城跡の評価はし辛いものがある、、、

15_dai_horikiri 大堀切見所

17_demaru_heki 出郭切岸

18_demaru_nai 出郭内

16_kita_2jyuu_horikiri_1 北側二重堀切見所

25_saihoku_2jyuu_horikiri_1 北端尾根の二重堀切

« 鈴尾城跡(広島県安芸高田市) | トップページ | 上狭川城跡(奈良県奈良市) »

奈良県の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沢城跡(奈良県宇陀市):

« 鈴尾城跡(広島県安芸高田市) | トップページ | 上狭川城跡(奈良県奈良市) »

無料ブログはココログ