« 郷城跡(京都府京丹後市) | トップページ | 岩城山神籠石(山口県光市) »

2009年5月 9日 (土)

祝屋城跡(広島県安芸高田市)

吉田郡山城を訪問して以来数年ぶりに広島県の安芸地方に訪れる事になったが、個人的にも戦国武将「毛利元就」の生き様に感銘を受ける部分が多く、毛利氏両川(元就の息子である吉川氏、小早川氏)と並んで好きな事、あるいは同氏に関連した多くの山城は険峻な地の利を活かしながら比較的石垣が多く使用された城跡が多く、縄張り妙味及び見応えのある事からも、今回は非常に期待を胸に抱いての安芸地方への山城巡りとなった。

城跡は安芸高田市甲田町深瀬にあって、毛利氏両川(元就の息子である吉川氏、小早川氏)とは対等な扱いを受けた宍戸氏の居城と伝わり、当時五龍城主であった元家は本城でもある五龍城を長子に譲って次男(深瀬氏を名乗る)と此方に拠った模様、尼子氏との戦いに於いては毛利軍の最前線となった城跡でもある。

1route 登城ルート

2a 現地城址案内板より

5 登山口

城跡へは中国自動車道「三次」ICが最寄の乗降口、ICより下りれば国道54号に進入しルート図の如く江の川沿いに車を走らせれば城址案内板の設置された登城口には分かり易く辿り着ける。国道の西側にある狭い道路沿いからは案内板は直ぐ目に留まり、その横から墓地を経由して上る山道は社殿まで到着すれば直ぐに途絶えるが、その先の縦堀に沿って直登すれば10分内で主郭までは到達可能である。(遠回りではあるが踏み跡程度の道はあったのかも知れない、、、)車は小型車であれば付近に路駐スペースは有

現状(四月)城跡は町史とはなっているものの自然任せの藪化進行中にあるが、規模もさほど大きくなく、ほぼ主要二郭で形成されるシンプルにまとまった山城なので、縄張りを掴む事も縄張り内の移動も容易に出来る状態にはある。ただ郭内には相当雑木が蔓延っているので全体像の視認には多少難渋はするが、当時の遺構と思われる郭跡、縦堀、土塁、堀切などは明確に判別する事が可能となっている。特筆すべき見応えのある遺構は目に留まらなかったが、五龍城を本城とした場合の支城であれば充分過ぎるほどの備えであるような気はする。尚、次に訪れる事になった素晴らしすぎる五龍城跡に関してのリポート掲載は少し後の予定(概念図の作成が非常に大変)

3iw 城跡概念図

8_tatebori 縦堀見所

12_shukaku_heki_1 主郭切岸

20_higasi_yori_shukaku 主郭内

13_shukaku_dorui 主郭土塁跡

21_shukaku_heki 東郭切岸

30_nisikaku_2 西郭

32_nisi_gedan 西郭より堀切側

34_horikiri_2 堀切

« 郷城跡(京都府京丹後市) | トップページ | 岩城山神籠石(山口県光市) »

中国(山陽)地方の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祝屋城跡(広島県安芸高田市):

« 郷城跡(京都府京丹後市) | トップページ | 岩城山神籠石(山口県光市) »

無料ブログはココログ