« 沢城跡(奈良県宇陀市) | トップページ | 盛岡城跡(京都府京丹後市) »

2009年5月19日 (火)

上狭川城跡(奈良県奈良市)

最初に、この城跡の最大の見所は素晴らしい状態を誇る主郭南側に形成された虎口で、食い違い土塁と枡形を二重に組み合わせた様にも窺え、風化を差し引いても当時に近いと思われる状態及びその形態は他に比類なきものでもあり、この虎口を見学するだけの目的で訪れても充分納得出来うる遺構でもあり、まだ未訪の方には是非訪問をお薦め出来る城跡である。ネット上の他のサイトでも多くの紹介記事が載せられているので多くは語らないが、結果的に未踏に終わった主郭東側別峯、更に南側へ繋がる尾根と縄張りの広がりも予想され、まだ未確認の遺構が残存する可能性も含んだ相当規模が大きいとも受け取れる城跡と自分の目には映った。

城跡は奈良県奈良市狭川東町にあって西狭川町集落より川を挟んで東側低山の山上に位置している。狭川氏の居城と伝わるが詳細は不明

城跡登山口へ向うには国道369号あるいは国道163号と南北のどちらから向っても県道33号へ進入する事が先決である、県道に進入すればルート図の如く写真に示すバス停付近の登山口は容易に見つかるので、そこから山道に従えば15分程度で山上主郭には辿り着ける。

現状(三月)城跡は木々は余り蔓延っておらず見通しも利くので山上における遺構群はほぼ判別確認可能な状態にある、見所は前述の主郭土塁虎口、主郭周囲を巡る土塁、本郭群尾根を分断する土橋を伴う堀切と満載でもあり、山麓の井戸跡及び屋敷群、相当藪化が進行中の南西麓の段郭群を含めれば山城としての醍醐味も見応えも兼ね備え、更に縄張り妙味も尽きない城跡である事が分かる。個人的にも叶えば再訪して付近一帯を踏破して見たいと思わせられる城跡の一つである。

Saga 登城ルート

Tozanguti 登山口

3s2_2 城跡概念図

9_koguti_1 北郭側

15_shukaku_dorui 17_dorui_kakomi 主郭土塁見所

20_minami_masugata 主郭南食い違い土塁見所

21_masugata_dorui 南複合土塁虎口見所

25_masugata_sita_horikiri 南堀切土橋見所

27_dobasi_yori_minamikaku 南郭群

47_nansei_dankaku 南西段郭土塁

« 沢城跡(奈良県宇陀市) | トップページ | 盛岡城跡(京都府京丹後市) »

奈良県の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上狭川城跡(奈良県奈良市):

« 沢城跡(奈良県宇陀市) | トップページ | 盛岡城跡(京都府京丹後市) »

無料ブログはココログ