« 静原南城跡(京都府左京区) | トップページ | 天ヶ城跡(福井県小浜市) »

2009年4月12日 (日)

静原城跡(京都府左京区)

この山城は標高480m(比高260m)の城谷山山頂に位置しており、先に掲載に及んだ便宜上静原南城とした北大堀切からそのまま北に向いて斜面を上れば25分は要すが自ずと山上郭には辿り着く事が出来る。逆に静原神社背後よりルート図を参考に直接山上郭を目指すのであれば、写真に示す配水タンク手前を左に折れ造成空き地を西に抜ければ道標はないが、それと分かる山上まで繋がる踏み跡程度の山道には合流出来る。この山道は最初の進入口さえ間違わなければ迷わず山頂までは到達可能(40~50分は要す)であるが、南城までの遺構見学を前提とするのであれば下山口に迷う(急崖地形がある)事にもなるので、南城でも触れた様に南尾根先端に向いて斜面は少しきつい(木にしがみ付く)が直登ルートを選択し、下山道として山道を利用し神社側に下りられる事をお薦めしたい(踏み跡に任せれば楽に迷わず下山出来る)。

現状(三月)城跡は南城と同様に比較的見通しも良く、植林地である事からも下草は少なく非常に見学しやすい状況となっている。全体的に長年の堆積物などによって地表風化は激しいが、僅かながら虎口に顔を覗かせる石積み跡、石段跡あるいは郭切岸、堀切跡などの判別確認は充分可能な状態でもあり、急峻な山上に位置していながらも山上における郭占有面積は大きく、切岸処理や石垣跡あるいは縄張りプランからも窺える様に本格的に普請されている様にも見受けられ、流石に三好氏の城跡だと感心させられた。南城と同様に此方も探せば郭壁の至る箇所に僅かではあるが石積み跡は露見しており、土中には相当深くまで石垣跡が眠っている様にも感じられた。山上郭群は南城と比べれば遺構の見応えに於いては多少見劣りがする様にも思われたが、この標高を考えれば峻な山上に位置する山城の形態そのものが見所でもあり、この佇まいからも充分戦国ロマンには浸る事は出来そうにも思えた。

この三好氏の築いた山城も光秀攻略後にどの様な経緯を辿ったのかは不明であるが、山上に残された状態の良い城跡遺構は数百年経た現在に於いても、時代を超えて何かを語りかけてくれる様にも感じられたのである。

2z 静原二城の位置関係

3 城跡概念図

5_bunki 下山道or登山道

13_shukaku_kogutiisidan_ato_1 主郭虎口石段見所

16_shukaku 主郭内

10_higasi_gedan2_2 東郭

8_higasi_gedan3_isi 東郭群石垣跡

19_kitakaku 北郭

21_houkusei_horikiri 北西堀切見所

27_kirikisi_1 南郭群切岸

28_gedan2_sokuheki_isi 南虎口の石積み跡見所

« 静原南城跡(京都府左京区) | トップページ | 天ヶ城跡(福井県小浜市) »

京都府の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/28867089

この記事へのトラックバック一覧です: 静原城跡(京都府左京区):

« 静原南城跡(京都府左京区) | トップページ | 天ヶ城跡(福井県小浜市) »

無料ブログはココログ