« 東河小川城跡(兵庫県朝来市) | トップページ | 右田ヶ岳城跡(山口県防府市) »

2009年4月23日 (木)

宮城跡(兵庫県朝来市)

城跡は先に掲載に及んだ黒田城と同様に宮集落内の道路を隔てた真東の小山に位置しており、詳細は不明ではあるが黒田城に隣接する事からも上道氏の持城として良いのかも分からない。

城跡へは現在山上付近に朽ち果てたままの小さな社殿が建立されているので、麓の竹林地より参拝道を利用すれば難なく山上までは到達出来るが、最短ルートは城跡の東側に車を路駐した後に畦道を通過して写真に示した付近より直登すれば5分とかからず山上主郭まで到達可能である。

現状(三月)城跡は藪化はしていないが下草や熊笹で覆われている箇所も多く、更に長年の風化によって土も流れ出しているので、ある程度想像に委ねられる部分もあるが、見て回りやすく遺構はほぼ判別確認出来る状態にはある。城跡の見所は主郭周囲を巡る空堀土塁、高さが失われた櫓台土塁、あるいは二連の堀切(郭を遮るだけの空堀に近い)といった処になるが、空堀(横堀)は場所によっては相当埋もれているので、深さを感じる事が出来ないのが少し残念な処ではある。しかし判別出来るだけまだましとも言え、小規模な主郭を空堀土塁が巡る様は本格的な城普請が行われたとも見受けられるので、別な意味で見応えを感じる事は出来た。先に寄った黒田城が思ったよりも期待外れに終わったので、この城跡が余計に素晴らしいものに思えてくる。上道氏の本城と聞いた黒田城から推察すれば、恐らくこの地区周辺に点在するであろう城跡あるいは砦跡の規模も遺構残存度もある程度想像が付きそうではあるが、まだ目星を付けて踏破していない城跡も多く残っており、これからの東河地区の山城巡りが非常に楽しみになってくる処ではある。

1route_3 登城ルート

5_tozanguti 進入口

3 3m1 城跡概念図

11_karabori_dorui 空堀土塁見所

16_horikiri_dorui_1 主郭北堀切土塁見所

18_2ren_horikiri 北堀切

23_shukaku_doruidan 主郭土塁壇

24_shukaku_dan 主郭

25_shukaku 主郭内

27_nisigawa_karabori_dorui 主郭西側空堀見所

« 東河小川城跡(兵庫県朝来市) | トップページ | 右田ヶ岳城跡(山口県防府市) »

兵庫(但馬地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/28929973

この記事へのトラックバック一覧です: 宮城跡(兵庫県朝来市):

» ケノーベルからリンクのご案内 [ケノーベル エージェント]
朝来市エージェント:記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載しました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« 東河小川城跡(兵庫県朝来市) | トップページ | 右田ヶ岳城跡(山口県防府市) »

無料ブログはココログ