« 茶磨山城跡(福井県小浜市) | トップページ | 静原城跡(京都府左京区) »

2009年4月11日 (土)

静原南城跡(京都府左京区)

この城跡は静原城(城谷山山上郭)から見ればほぼ南側尾根先端部に位置する城跡でもあり、一城別郭としてみれば自ずと静原城南出城と呼ぶに相応しく思えるが、完全に山上郭とは北大堀切で分断されており、規模の大きさや独立した縄張り形態、城跡の完成度、あるいは遺された石垣跡などからも窺える様に、築城(あるいは改修)年代も山上郭とは多少異なるのではないかとも推察された。個人的には両城に共通して石垣が使用されている事、本郭虎口には共通する石段が設けられている事、山上と尾根上とで南北に郭群は分かれてはいるが同じ山塊にある事(その他諸々)などから、光秀によって攻略後改修はあったと解釈は出来そうでもあるが、石垣城(滝山城、芥川山城、飯盛山城など)を得意とする三好氏の縄張りは随所に窺われ、ほぼ多少の改修のみで山上郭は攻略後には破棄されたものの様にも感じられた。現状所有する文献類の中には総称としての静原城はあるが、この城跡に限っての呼称は見つけ出す事が出来なかったので、今回は便宜上(仮)静原南城として現況リポート掲載に及んだ

城跡は左京区静市静原町にあって、道順としては京都市内に入り「堀川通り」より北上を続ける、府道40号(鞍馬街道)から静原神社を目指せば分かり易く辿り着けるが、二度目となる訪問の経験からルート図及び写真に示した南城の南端にある住宅地裏庭背後から取り付いて、そのまま急斜面(相当きつい)を上る事をお薦めしたい。この直登ルートなら南城の規模の大きい先端郭跡には10分内で到達可能であり、西側の静原神社側から延々と続く斜面を40分前後かけて上り下りするより、静原山上郭群までは尾根上の縄張りを観察しながらメリハリの利いた遺構見学が楽しめ、更に山上郭からは逆尾根に踏み跡を辿る下山道がある事からしても、間違いなく楽に下山(ルート図神社側)出来る様な気がするのである。(ちなみに車は神社付近に路駐可能スペースあり)

1route2 登城ルート

7_tyokutoguti 直登口

3mi 城跡概念図

14_koguti_jyoudankaku 南郭群

15_isigaki_2 石垣跡見所

18_gedan2_koguti_isidan 本郭群への石段跡見所

20_kuboti_isi 内壁石積みの窪地見所

21_kuboti_ue_isi 郭壁の石垣跡

29_shukaku_dorui_2 主郭背後土塁見所

33_horikiri_1 34_horikiri_dobasi 大堀切及び土橋見所

現状(三月)城跡は比較的見通しも良く、郭切岸などの状態も良い部類に入るので山城としてはほぼ満足の行く遺構見学は出来るものと思われる、ただ本郭群より南側斜面の段郭群は地表風化が激しく郭境は非常に曖昧でもある。見所は前述の見応えのある土橋付き大堀切、探せばいくらでも郭壁に覗いていそうにも思えた石垣跡(概念図に示したものが全てではない)で、見る者によっては色々な想像を膨らませる事が可能であり、更に戦国ロマンにも満ち溢れ、山上から尾根先端に至るまでの縄張り妙味にも触れる事の出来る素晴らしい城跡と呼べそうには思えた、更に静原城として二城一体のものとして考えれば自ずと推奨に値する城跡と目には映った。 尚、本来の静原城(城谷山山上郭群)は次で掲載の予定

« 茶磨山城跡(福井県小浜市) | トップページ | 静原城跡(京都府左京区) »

京都府の山城跡」カテゴリの記事

コメント

最近は若狭地方の城紹介されていますこと。楽しみ拝見させていただいています。まだまだ特徴のある城沢山有ります期待しています。昨日はかねてより鳥取の秀吉に関連する城、標高600m比高でも500mにある陣城確認してきまた。感激物でした。前にお知らせした舞鶴の山城134紹介した本完成しました。

TAKUです、本を出版される事に関しては初耳ですが、舞鶴地方の山城だけで134城もあるとは非常に驚くばかりです。
まして134城も訪ねられた事に関しては非常に敬意を表したいとも思います。自分にとっては遠距離訪問でもあるので、そう何度も舞鶴方面まで訪れる事は叶いませんが、店頭に本が並んだ際には是非購入して、今後の舞鶴地方における山城巡りの参考にさせて頂きたいものと思っております。
よろしければ是非店頭に並ぶ日を教えて頂ければ有難いのですが、、
勝手ながら今から心待ちにしております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/28858691

この記事へのトラックバック一覧です: 静原南城跡(京都府左京区):

« 茶磨山城跡(福井県小浜市) | トップページ | 静原城跡(京都府左京区) »

無料ブログはココログ