« 福居城跡(兵庫県豊岡市) | トップページ | 大塩城跡(福井県小浜市) »

2009年4月 5日 (日)

小村城跡(福井県小浜市)

城跡は小浜市上田にあって相当辺境の山奥に位置しており青井氏の居城が伝わるが、山城である事と堀切あるいは石垣跡が残存しているという文献の情報だけを頼りに現地に赴いた。何時もの様に場所も確定出来ていない目星だけ付けた地図頼みの直登(20分)となったが、結果幸運な事に山上には石垣跡はもちろんの事、合計三本の堀切、土塁囲みの方形郭跡までもしっかりと残存しており、小規模で単純な縄張りではあるが情報量の少ない山城としては申し分のない遺構であると判断した上で、充分訪問をお薦め出来る城跡として現況報告を掲載する運びとなった。尚、下山時において山上主郭までは参拝道が設置されている事が判明したので未訪の方には登城ルート図に赤線で示した。

城跡へは若狭湾からは直線で7kmの距離にあるとは言え、現状若狭湾側から直接向える県道はなく、京阪神から向えば舞鶴若狭自動車道を利用しての「大飯高浜」ICが唯一一番近い乗降口になる。この道路は相当な遠回りになる事からも、個人的には国道162号(周山街道)を利用して「名田庄」を通過して現地に赴いたが、国道からは更に西側の奥に位置しており、何度も間違いがないか位置確認をしたほどでもある。国道「中名田児童館」交差点を左折して上田集落に入れば、ほぼルート図の如く進行すればよいが、登山口は橋を渡って数十mの地点右手にある民家横の消火栓(写真に示す)を目印にすれば分かり易い、そこから山上主郭までは神社参拝道が通じているので迷わず辿り着く事が出来るはずである。

1route 登城ルート

5gezanguti_1 登山口

3_1 城跡概念図

11_shukaku_2 山上主郭

13_shukaku_isigaki 14_shukaku_isigaki_2 主郭北壁の石垣跡見所

16_nisi_horikiri_1 西堀切見所

21_nisi_yori_nisikaku_nai 西方形郭見所

18_nisikaku_dorui_2 方形郭の土塁

23_nisihasi_horikiri_1 西端の堀切土塁見所

27_higasi_horikiri_2 北東斜面の堀切見所

現状(三月)山上主郭は小規模ではあるが神社敷地として整備されており、木々も少なくその隙間からは眺望も充分利く状態にあり、他は藪化進行中とはいえ見所でもある主郭北壁の石垣跡、堀切などは下草も少ないので充分確認出来る状態にある。土塁囲みの方形郭跡も土塁が意外にも自然保持されており、状態が良い事からも明確に判別確認は出来る状況となっている。全体的に見ても人の手が入っていない割には遺構群は充分過ぎるほどの自然保持状態でもあり、地方における楚々とした戦国期の山城を堪能するには申し分のない山城と目には映った。尚、概念図に示す西側堀切斜面に相当埋もれた三条の畝堀らしき地形が眼に留まったが、その判断に関しては見学者にお任せしたい処である。(必然性から考えれば畝堀の可能性は充分あるが、、)

個人的には最短距離での登山想定ルートを四社神社背後から設定したお陰で急斜面の直登とはなったが、参拝道より上れば距離もあり遠回りになるのでもう少し時間は要すのかも分からない。

« 福居城跡(兵庫県豊岡市) | トップページ | 大塩城跡(福井県小浜市) »

若狭地方の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小村城跡(福井県小浜市):

« 福居城跡(兵庫県豊岡市) | トップページ | 大塩城跡(福井県小浜市) »

無料ブログはココログ