« 増田氏城跡(三重県伊賀市) | トップページ | 相方城跡(広島県福山市) »

2009年3月 4日 (水)

菅生城跡(奈良県山辺郡)

城跡は奈良県山辺郡山添村菅生にあって、先にリポート掲載に及んだ畑城とはほど近く西名阪道「山添」ICが最寄の乗降口、国道25号を南下し菅生集落に入れば道路沿いに集落センターがあり車はここに駐車させてもらい、ここから既に右手に望まれる山上(城跡)を目指してルート図の如く上れば、現状縄張りの一部とも見受けられる西端堀切道までは到達出来る。更に東側に向いて斜面を上れば墓地のある削平地(西郭)及び堀切を越えて主郭までは麓から20分内で辿り着く事が出来る。

現状(二月)城跡は冬季にも拘らず西郭と主郭以外は全域が矢竹あるいは雑木藪に覆われており外見から郭跡の確認は困難でもあり、一部の郭跡は踏み入る隙間もない状態にある。それでも外見から判断することの出来る郭を分断する二重堀切を含めた七本の堀切は城跡最大の見所ともなっており、小規模な城跡にありながらも抜群の存在感を醸し出している。図中の主郭東側の二箇所の郭跡は外見から判断する事も出来ず更に侵入する事も叶わなかったが、東端の小規模な郭には土塁も残存、更に主郭西斜面側には土塁を伴う縦堀も見受けられ、堀切群と併せて山城としての醍醐味には充分触れる事が出来た。規模が小さいのでおよその縄張りは把握出来るが、密生する雑木の為に未踏に終わった箇所、あるいはまだ未確認の遺構があるのも事実であり、現状では自作概念図における箇所までが自分の眼で確認する事が出来た遺構群という事になる。これから城跡の状態が少しでも改善の方向に向えば当然見学可能な遺構もこの限りで終わらないものとも察せられるが、個人所有の城山とも見受けられ、これから先の期待は余り出来ないのが現実のようにも思われる。

1_1x 登城ルート

5_tozan_start 登城口

3_2 城跡概念図

9_horikiri 西端堀切道

11_nansei_sizenkaku 西郭

17_shukaku_yori_nisi_horikiri 主郭西堀切

18_shukaku 主郭内

23_shukaku_heki 主郭切岸

24_higasi_daihorikiri 東堀切

27_higasikaku 東郭

« 増田氏城跡(三重県伊賀市) | トップページ | 相方城跡(広島県福山市) »

奈良県の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菅生城跡(奈良県山辺郡):

« 増田氏城跡(三重県伊賀市) | トップページ | 相方城跡(広島県福山市) »

無料ブログはココログ