« 増地氏城跡(三重県伊賀市) | トップページ | 島ヶ原杉山城跡(三重県伊賀市) »

2009年3月 9日 (月)

清助山城跡(三重県伊賀市)

このところ伊賀地方の巨大土塁と空堀の付随する城跡にはまっており、今回も伊賀島ヶ原地区まで足を運ぶ事になったが、今回は島ヶ原地区案内看板にある城跡(清助山城、杉山城、垣矢城)中の清助山城を最初に訪ねる運びとなった。城跡あるいは城主に関しての詳細は不明

城跡へは先にリポート掲載に及んだ増地氏城からは更に正月堂を目指して北上する、後はルート図の如く進行し奥村地区にありスタート地点にもあたる「善福寺」駐車場を目指せば迷わず到達出来る。ここから城跡は既に真東に望める位置にあり丘陵先端部は郭跡でもある、位置を確認すればほぼ小川沿いに畦道を進み、写真にある先端部左手より取り付き上れば5分もあれば主郭まで到達出来る。丘陵上にあるのでどこから取り付いても直ぐに上れそうに思われるが、ここ以外は矢竹雑木が密生しているので上るのには難渋することにもなり、迷わずここからの直登をお薦めしたい。

現状(二月)城跡は外見から望んだ通りの藪化中にあるが、東先端に位置する東郭(前面矢竹藪)を除けば郭跡、大小の土塁、櫓台土塁壇、堀切とほぼ判別確認可能な状況にあり、主郭は外見から察するより意外に切岸は切り立っており高さもあるので中々人を寄せ付けない迫力は感じられる。城跡を全体的に見れば小規模で縄張り変化にも富んでいないので見応えがあるとはとても言い難いが、個人的には伊賀にあっては当たり前である方形館跡でない部分に多少でも惹かれ満足の行く訪城と言えるものにはなった。現在城跡周辺は造成農地となっているので近世においてどこまでの地形改変があったのかは想像するしかないが、現状のままを当時の状態としてみても充分城跡としての値打ちは下がらないだろう、個人的にも楚々とした山城に近い城跡は好きな部類に入るが、この城跡も過度の期待を抱かず訪れた事もあって充分満足感を味わう事は出来た。

Route 登城ルート

5 城跡直登進入口

3se 城跡概念図

13_shukaku_heki_1 主郭壁を仰ぎ見る

15_shukaku_heki 主郭切岸

10_shukaku_gawa 東段郭より主郭櫓台壁

17_shukaku_higasi_gawa 主郭櫓台側

22_horikiri_1 22_horikiri 堀切

28_nisi_e 西端郭

« 増地氏城跡(三重県伊賀市) | トップページ | 島ヶ原杉山城跡(三重県伊賀市) »

三重県の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/28214303

この記事へのトラックバック一覧です: 清助山城跡(三重県伊賀市):

« 増地氏城跡(三重県伊賀市) | トップページ | 島ヶ原杉山城跡(三重県伊賀市) »

無料ブログはココログ