« 幸至氏城跡(三重県伊賀市) | トップページ | 増田氏城跡(三重県伊賀市) »

2009年3月 2日 (月)

浜田氏城(三重県伊賀市)

この城跡は先にリポート掲載に及んだ幸至城跡からは池を隔てて真西に位置しており、登城スタート地点である徳楽寺からは図の様に真北に位置しており、ルート図を参考にしてもらえれば迷わず辿り着く事が出来る。浜田氏の居城と伝わるが詳細は不明

城跡の形態はほぼ平城と言ってよいもので、当時から存在していたものかどうかは分からないが、主郭の南北は池で遮られており現状を窺う限りでは天然の水堀として機能していた様にも見受けられる。隣接する幸至城跡とは自ずと形態は異なっており周囲は池で防備されていたと見てよいのか、高土塁で周囲を囲んでいた形跡は見受けられない。模の大きい二郭でほぼ形成される本郭は、背後に分厚く高い櫓台が備わりその背後には更に大堀切が設けられており城跡最大の見所ともなっているが、現状雑木竹薮となっているので中々全体像は窺い難い。しかしこの堀切は櫓台背後からの切岸高低差がある為か、相当な見応えを感じる事が出来た。

現状城跡の周辺は近年の農地造成あるいは河岸工事、更に住宅地も迫っており相当な地形改変があったものとも思われるが、幸いにも本郭遺構は破壊を免れている様にも窺えた。見所としては主郭背後の櫓台土塁と大堀切のみの様にも感じられたが、幸至城跡とセットで考えれば充分城跡巡りとしては充実したものになる思われる。

尚、個人的には寺院背後の集合墓地も縄張りの一部と考えられるので、墓地を通過しながら周辺も見て周りほぼ一周した計算になったが、全体的にも墓地を含めて近年相当造成されている様相でもあり、残存遺構の期待は無理である様にも感じられた。

2z 3 城跡概念図

7_sinnyuukuti 進入口

10_shukaku_1 主郭

11_dan_oti_kaku_2 主郭段落ち郭

15_yagura_heki_1 櫓台土塁壁見所

16_yagura_dorui_ue_1 17_dorui_yasiro 櫓台土塁上

20_daihorikiri 大堀切の現状見所

22_fuku_kaku 副郭

« 幸至氏城跡(三重県伊賀市) | トップページ | 増田氏城跡(三重県伊賀市) »

三重県の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/28336198

この記事へのトラックバック一覧です: 浜田氏城(三重県伊賀市):

« 幸至氏城跡(三重県伊賀市) | トップページ | 増田氏城跡(三重県伊賀市) »

無料ブログはココログ