« 松ヶ嶽城跡(広島県東広島市) | トップページ | 白石山城跡(福井県大飯郡) »

2009年3月12日 (木)

野山城跡(兵庫県丹波市)

城跡は丹波市春日町野山にあって、既にリポート掲載に及んだガンジョウジ城跡とは南北に長い同じ山塊にあり、権現山(標高349m)から東に向う枝尾根上先端に位置している。黒井城の西側を抑える砦跡にも窺えるこの山城は、通常は山塊を挟んだ集落の真反対側(市辺集落)から登山道が通じている様にも思えたが、距離も時間もたっぷりかかりそうに感じられ敢えて最短直登ルートを選択した。城跡へはルート図の如く国道175号より山側の道にそれて、写真画像に示す作業所建物の左手奥より上り始める、獣避けフェンスを開閉して南西側に向いて急斜面を休まず上れば20分もあれば山上郭に辿り着く事が出来る。

現状ほぼ二郭で形成されるこの小規模な城跡は意外にも藪化しておらず、見通しも利く事から多くはないが遺構のほぼ全ては判別確認出来る状態にある。郭内及び郭壁には多くの自然岩が露出しており郭形成にも一役買っていそうにも思われ、露岩を取り込み石積み跡の様にも窺える箇所が西郭壁では目に留まったが、これを遺構とするかどうかの判断は見学者に任せたほうが良さそうには思える。ちなみに個人的には石垣跡と思いたいが、自然に岩が割れて石垣跡に見えるものの様に思えた、、

城跡は戦国期における砦跡(ほぼ完存とみた)としては充分過ぎる風情を残しており、要害堅固がそのまま当てはまる山城と目には映ったが、見所としては東西の尾根を分断する二本の堀切だけだと言っても過言ではなく、岩盤を削って築かれた西側の堀切は特に見応えが感じられた(凄い!)。個人的にもこういった砦跡は隠れ家的でもあり非常に好きな部類に入るが、急斜面をわざわざ直登で登った価値は充分あったと一人山上で余韻に浸るのである。この山城は登山における急峻さも手伝い、遺構の醍醐味は前述の様に堀切だけの様にも見受けられたので是非お薦めと云う訳にはいかないが、険峻な山城が好きで足腰に不安のない方、あるいは登山の好きな方であれば必ずや満足感には浸れそうには思えるのである。尚、下山時には北側へ向いて下りたが、沢筋沿いから麓の墓地までは山道が窺えたので、案外此方から進入登山しても良かったのかも知れない。ただ途中から道は消えるが、、

1route_2 登城ルート

5 直登口

3noyama_2 城跡概念図

10_rinkaku_1 東輪郭

13_higasi_kaku_1 東郭

15_higasikaku_iwa_yagura 東郭櫓台か

21_horikiri_1 堀切

25_shukaku 西郭

28_nisi_haigo_iwa_2 西郭壁大岩群

30_horikiri_2 32_nisi_horikiri_heki 西堀切見所

注) 余談になりますが城山一帯(他、丹波地方も但馬地方も同様)は鹿が繁殖しており、暖冬のせいも相俟ってダニの巣窟と化しています。今回の登山(三月)でも相当数のダニがズボンに付着していました、面倒ではありますが見つけたダニは小まめに掃うのが最良の方法だと思います。

« 松ヶ嶽城跡(広島県東広島市) | トップページ | 白石山城跡(福井県大飯郡) »

兵庫県の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/28466843

この記事へのトラックバック一覧です: 野山城跡(兵庫県丹波市):

« 松ヶ嶽城跡(広島県東広島市) | トップページ | 白石山城跡(福井県大飯郡) »

無料ブログはココログ