« 高瀬城跡(三重県伊賀市) | トップページ | 新高山城跡(広島県三原市) »

2009年3月18日 (水)

高山城跡(広島県三原市)

城跡は三原市本郷町本郷にあって、西国では毛利元就に次いで名を馳せている毛利氏「三本の矢」の一人小早川氏の居城である。この城跡は個人的にも好きな戦国大名の一人である真田氏と並ぶ毛利氏の城跡と言えるだけに思い入れも強く、城跡を語り出せば限がなくなってしまう。他の城跡サイトでも数多く採り上げて紹介がされている様なので、敢えて城跡の細かい説明は省略させて頂くが、南北二峯に跨る広大な規模を誇るこの巨大山城は、ただ「凄い!」「素晴らしい」と言った言葉で表現するより他の言葉は浮かんで来ない。川を挟んで西対岸の山上に位置する新高山城が築城当時において先進性が備わったものであるとすれば、此方は当然古い形態の山城になるが、郭群も改修を重ねながら拡張したと見受けられ、縄張りも地形任せで多少の高低差を付けて雑然と郭を並べただけものであり、自ずと技巧的な堀切も多用はされていないものでもある。しかし多くの郭壁には部分的に石垣跡(土留め石に近いと見受けられた)も窺う事が出来、新高山城が完成するまでは当時としては先端技術も採り入れた最高の山城であった様には窺われた。

1route 登城ルート

4_1 南より城跡遠望

6_tozanguti 登山口

城跡へ車で向うには山陽自動車道「本郷」ICが最寄の乗降口、県道33号より沼田川沿いに南下しルート図の如く左折すれば、既に城山は視界の中に確認出来るはずである。踏み切りを越えれば住宅地の密集する山麓の最奥近くにある「天理分教会」を目指せばよい、道標などは一切設置されておらず駐車場も完備されていないので当然付近に路駐ということになる。写真にある登山口から山道に従い上れば、自ずと山上(南峯郭群)までは15分程度で到達出来る。

現状(一月)千畳敷きのある南峯郭群、主郭のある北峯郭群共に整備が行き届いており、木々が少ない事からも見通しも利き、見学ルートも設定されているので移動し易く非常に見て回りやすい状態にあるが、南北峯を連結する広大に見える平坦な郭群は全域が矢竹藪と化しており、一旦遊歩道を外れると郭内を覗く事も移動する事も困難な状態となっているので縄張り全域を踏破して確認する事はほとんど不可能と言える状況にある。しかし城跡全体の遺構残存度の高さ、あるいは本郭群の状態の良さがこれだけのものであれば山城としては充分過ぎるものでもあり、ほぼ満足の行く遺構見学も戦国期山城を体感する事も可能である様には感じられた。個人的には都合で新高山城とセットで同日訪問は出来なかったが、二城の形態の違いから石積み土木技術の相違まで明確に窺う事が出来る隣接した巨大山城跡はそう多くは存在しないので、未訪の方は是非二城同日訪問をお薦めしたい。

15_karabori_daidorui 南峯郭群空堀見所

17_nantou_yori_dorui_gawa 南峯郭群

25_iwao_nai_idoato イワオ丸

27_iwao_nisi2_1 南峯郭群西郭

52_honmaru 本丸

58_2maru_nisi_gedan_yori 二の丸側

59_kita_maru 北の丸

68_ougi_minami_isi_1 扇丸壁石垣跡見所

« 高瀬城跡(三重県伊賀市) | トップページ | 新高山城跡(広島県三原市) »

中国(山陽)地方の山城」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

大阪の山城を調べていたら当ブログを発見致しました。城跡への道順など詳しく書かれていてとても参考になります。

これからも覗かせて頂きますのでよろしくお願いします。

高山城の登城口の右側の家の犬に吠えられませんでしたか?私が訪れた時はそこの黒い犬が城跡まで連れてってくれましたよ(≧∇≦)

TAKUです、コメント頂戴し有難うございます。
山城巡りにおいて一番困るのが犬に吠えられる事でもあり、まだ不審者扱いされた事はありませんが、吠えられる側にとってこれほど嫌なものはありません。流石に高山城での事は記憶にありませんが、、これからも訪城のアシスト程度のブログ内容ですが、僅かな期待を持ってご拝見頂けたら嬉しく思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高山城跡(広島県三原市):

« 高瀬城跡(三重県伊賀市) | トップページ | 新高山城跡(広島県三原市) »

無料ブログはココログ