« 友重北城跡(京都府京丹後市) | トップページ | 気比白山城跡(兵庫県豊岡市) »

2009年3月27日 (金)

仮)上山北城跡(兵庫県豊岡市)

城跡呼称の訂正(2014年2月)

以前(2009年)この城跡は簸磯城として紹介しましたが、その後現地在住の山城ファンの方より、本来の同名城跡は寺院と尾根を挟んだ北側にあると言った情報を頂きました。よって「お知らせ」記事中に載せました様に、未だ(2014.2現在)城跡として認識のない山城と判明した事から、今回は上山北城跡とした仮名を用いて掲載し直しました。これから新たに調査が入るのであれば、城跡呼称も付けられるとは思いますが、、、

城跡は豊岡市城崎町上山にあって、集落の山手に位置する福泉寺の西側の尾根上から、東尾根先端部のほぼ孤立した低山に跨って郭が展開されている。城跡を訪れるには豊岡市内より県道3号を北上し、福泉寺を目指せば難なく辿り着ける。ただどこかで山陰本線の低く幅の狭い高架下を潜らなければならないが、大きなミニバンタイプの車両は間違いなく通過不能となるので、随分手前あるいは踏み切りの備わる場所を探して通過する必要はある。寺院からは南に歩いてルート図の如く青山神社参拝道経由で上り、社殿背後より直登すれば郭跡及び堀切に至るまでの城跡遺構は順を追ってほぼ見て回る事が出来る。便宜上、上山出城とした郭跡もルート図に示す墓地より上れば直ぐ到達出来る筈である。

現状尾根上郭群及び上山出城共に自然任せでもあり当然藪化は進行中にあるが、冬枯れともあって移動に支障を来たすまでには至っておらず、単調な縄張りプランでもある事からも、遺構はほぼ判別確認可能な状態にあると言っても良いと思われる。図中の主郭と見受けられる背後の土塁及び堀切が城跡唯一明確に残存する遺構あるいは見所でもあり、遺構の見応えを期待しての訪問は出来るなら避けた方が良いと思われる。ただ上山出城から山上尾根に向かうまでの城跡の形態は恐らく当時の状態のままとも思えるので、見て回る分には想像も膨らみ案外楽しめる様な気はする。個人的には上山出城の方が明らかに櫓台とも見受られる土塁が備わっており、小規模ながらも味がある事から楽しめたが、、

2 登城ルート

6tozanguti 城跡進入路

4城跡概念図

17_shukaku 主郭

18_shukaku_dorui 主郭土塁

20_horikiri_1 主郭背後の堀切見所

21_nisi_horikiri_1 西堀切

37_naka_dorui_koguti_ka 東出城土塁虎口か

40_higasi_yori_yagura 東出城土塁見所

« 友重北城跡(京都府京丹後市) | トップページ | 気比白山城跡(兵庫県豊岡市) »

兵庫(但馬地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/28689869

この記事へのトラックバック一覧です: 仮)上山北城跡(兵庫県豊岡市):

« 友重北城跡(京都府京丹後市) | トップページ | 気比白山城跡(兵庫県豊岡市) »

無料ブログはココログ