« 仮)上山北城跡(兵庫県豊岡市) | トップページ | 高浜城跡(福井県大飯郡) »

2009年3月29日 (日)

気比白山城跡(兵庫県豊岡市)

城跡呼称の訂正(2014年2月) 気比高城改め気比白山城

城跡は豊岡市気比にあって、標高180mの山上主郭には現在白山神社の社殿が建立されている。城史に関しての詳細は不明

城跡へは有名な城崎温泉を目指せば分かり易く、県道3号より温泉街を越えて円山川沿いから東を見れば一際高い山頂は直ぐ確認する事が出来る。その後、県道11号へ右折針路変更しルート図の如く向えば、道路沿いに白山神社登山口は直ぐ見つけることが出来る、そこから(路駐スペースあり)獣避けフェンスを開閉すれば、そのまま登山道によって迷わず山上までは辿り着くことが出来る(約20分)。

現状(三月)ほぼ三郭で形成される山上郭群のうち、主郭と見受けられる広い郭跡は社殿のあることから造成整備されており見通しも利くが、他二郭は冬枯れはしているのである程度見通しは利くが地表は相当荒れ放題でもある。目に留まる防備施設は虎口を固める土塁程度で、他は土塁の残欠なのか近世においての造成整地された跡なのかは素人判断では難しい状態にあり、他の二郭も郭内部に土塁などは目に留まらず切岸は健在であるが、非常に大味な縄張りと感じられた。険峻な山城である為に余り技巧さは要求しなかったものと見て良いのかも知れないが、山上郭群周囲の切り立った斜面までは雑木密生地でもあり、縦堀の有無までは踏破確認する事は出来なかった。

尚、登山口から少し登れば登山道に沿って自然構築物なのか人為的なものかは判別不能であるが、防備の為の必然性から考えても城跡遺構に見えた、登山口付近まで達するスケールの大きい凄い深さの空堀に遭遇したが、現状の様相だけ眺めて「凄い!」と思っても想像が広がって楽しめるのではないだろうか。(遺構であれば凄いと言う表現がズバリ当てはまる)

2 登城ルート

7tozanguti 登山口

1 城跡概念図

T_5 登山道中

T_11 山上郭群東尾根

T_14 東郭2

T_16 東郭1

T_28 主郭土塁虎口見所

T_20 虎口土塁

T_21 主郭内

T_25 主郭西端

城跡を個人的に評価すれば、縄張り妙味あるいは見応えのある遺構を望むなら余り期待は出来ない山城という事になるが、登山道も設置されているので自然と触れ合い更にトレッキングも楽しむ目的に比重を置くなら、当時の険峻な山城の風情は充分味わう事が出来るので、それなりにお薦め出来る城跡と目には映ったのだが、、

« 仮)上山北城跡(兵庫県豊岡市) | トップページ | 高浜城跡(福井県大飯郡) »

兵庫(但馬地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/28637271

この記事へのトラックバック一覧です: 気比白山城跡(兵庫県豊岡市):

« 仮)上山北城跡(兵庫県豊岡市) | トップページ | 高浜城跡(福井県大飯郡) »

無料ブログはココログ