« 観音寺城跡(京都府福知山市) | トップページ | 是非読んで頂きたい事項 »

2009年2月24日 (火)

高倉山城(京都府綾部市)

この城跡は国土地理院地図上には「城山」とだけ記載されており、かつての城跡と見受けられる事からも何時か機会があれば踏破するつもりでいた。幸いにも館町にある館城跡訪問ついでに高倉町まで足を延ばし、高倉神社付近で地元の方から城山の情報を聞き及んだ結果としては、「通常から城山としての名前が通っており城跡ではあるが他の正式な呼称については知らない」更に「昔は山頂までは登山道があったが登る人も今は絶え、現在は送電鉄塔への巡視道を使えば上れる可能性が少しはあるかもしれないよ」と言った見解であった。個人的には巡視道を見つける事が出来なかったので、事前に準備しておいた最短となる想定ルートからの直登となったが、訪問結果として山上には僅かながら城跡遺構は存在しており、当然乏しい資料の中には全く登場して来ない城跡なので今回は仮)高倉山城跡として訪問リポートを掲させて頂いた。

城跡へ阪神側から向う場合は国道9号あるいは国道175号を北上すれば県道8号を経由して県道77号に進路変更、後は舞鶴若狭自動車道の見える高架手前まで直進、交差点を右折すればルート図の如く工業団地の背後から舗装道を走り終点地である直登山口付近までは辿り着ける。ただ現在舗装林道も終点までは通れるが、細い木々が相当迫り出してきており車が傷つくのが心配なら図に示す地点から歩く事をお薦めしたい。終点からは少し東へ上れば大堀切(切り通し)に遭遇するが、そこから左手(北側)斜面に取り付いて上れば15分程度で山上南端郭跡までは到達する事が出来る。ただし冬季である現在でも多少の藪漕ぎ(矢竹が多い)は必要であり、山上南郭までは連続する急斜面である為にある程度の覚悟は必要とされる。

現状(二月)城跡は山上まで辿り着けば比較的移動もし易く、一部矢竹の密生する尾根上を除けば尾根上の削平地(郭跡とした)の確認、主郭手前の堀切及び切岸処理の施された主郭などの判別確認は容易く、主郭に到達した事によってこの険峻な山城を征服した達成感は必ず得られる筈である。さほど大きくない主郭内は意外にも見通しの利く状態にあるが下界の眺望は木々に遮られ全く無理、しかし主郭に切岸は窺われたのである程度満足、更に堀切も目に留まったのは一箇所だけに限られたが、この山城の様相から察すれば個人的には非常に満足のいく山上踏破となった。この現況報告が自分と同様にこの城山に少しでも興味を持っておられた方、あるいはこれから上る準備のあった方の手助けになれたのであれば更に満足、、ただ古い形態の山城である為に見応えのある遺構に遭遇出来なかったのが少し残念な処ではあるが、、、

1route_3 登城ルート

3taka 城跡概念図

5_kiritoosi_1 直登口切通し

8_nantan_kaku 南端郭跡

10_naka_1 中郭跡

15_horikiri 堀切

21_sukaku_dorui_dan 主郭の段

21_sukaku_dorui_dan_1 主郭

20_shukaku_heki 主郭切岸

« 観音寺城跡(京都府福知山市) | トップページ | 是非読んで頂きたい事項 »

京都(綾部)の山城」カテゴリの記事

コメント

takuさま
この城址は逆張り的に印象残りましたので投稿します。今回遠征での一つです。流石の
takuさんも7年前となると印象薄いと思いますが如何でしょうか。
綾部工業団地の信号は城山の地名看板。
HPに従い途中かなりきつい斜度を登るのですが
2日前も同様なやや藪漕ぎ。鉄塔があるため何となくメンテ道ありソコソコ登りやすいかなと思いました。

主郭近くは見事な笹やぶ、探索無理、遺構らしきは主郭直前の薄い堀切、奥の切岸、麓の大堀切ですが、
[僅かに残る遺構から山城を味わう達成感]は全く同感でした。キツイ下ではtakuさんも同じような気持ちだったのだろうと推察されます。交差点で城山の地名とのギャップ。そこで何とも言えないロマンを感じました。
尚私が訪れた一昨日は舗装道路の最後まで突っ込みましたが枝は気になりませんでした。もちろんどうせレンタカーだし。。という気持ちありましたが。
いつも感動ありがとうございます。

この山城は遺構の見応えからは遠くかけ離れた山城でしたが、今でも麓の切り通し付近から取り付き、木々の隙間を縫いながら山頂へ辿り着いた工程までしっかり覚えております。
臨むにあたり城跡の実態も分からず、恐らくそれなりに苦労して上ったからだと思いますが、、、
それにしても達成感だけはヒデさん同様、半端ないものを味わう事が出来ました。
残存遺構に期待出来ずとも、別な意味で楽しめる、こんな山城があるからこそ、山城巡りにのめり込めるのでしょうね。

takuさん
無名のこの城址記憶あるのは凄いです。
私はHPを参考にさせて頂きながら淡々と登だけで実は
気が楽です、心が折れそうになって途中何度か止めようかと思ったこと多々あります。

その時心の支えは先輩がいるので大丈夫の気分です。
今回の別城址コメントは別投稿します。
ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高倉山城(京都府綾部市):

» 綾部市(京都府)の基本情報:合併,駅,番地etc [patmap都市情報]
綾部市[あやべし]は全国703位(京都府内 13位)となる37,755[人]人の人口を抱える京都府の都市... [続きを読む]

« 観音寺城跡(京都府福知山市) | トップページ | 是非読んで頂きたい事項 »

無料ブログはココログ