« 赤埴下城跡(奈良県宇陀市) | トップページ | 大富山城跡(広島県庄原市) »

2009年2月26日 (木)

赤埴上城跡(奈良県宇陀市)

先にリポート掲載に及んだ下城から道路に任せてルート図の如く進行すれば案内板も設置されているのでほどなく赤埴上城には到達出来るが、丘陵上西端隅に位置する居館跡とも窺われる郭跡虎口に備わる櫓台土塁は見応えもあり、虎口南に付随する二方を低い土塁空堀で囲んだ郭跡と並んで城跡の見所ともなっている。

しかしこの城跡は概念図に示す居館跡とも見受けられる方形郭の主要二郭だけにあらず、西側は高い切岸で守備されているが東南側は巨大な削平地とも言える空間が東山上郭麓まで広がっており、何千人もの兵を収容出来たかの様な駐屯地あるいは段状に連なった無数の大規模な郭跡は屋敷跡地が想像出来るものでもある。屋敷跡(後世のものかも分からないが、、)と見受けられる郭壁には石垣跡が随所に窺われ、当時の城普請における労働力の凄さを物語っている様でもある。ただ現状の推察のみで当時のものと断定は出来ないが、素直にこの現状における空間を見て凄いと思う他は無い様には思われる(どこまで発掘調査が行われたのか知らない)。

1route_5 登城ルート

2z_1_2 城跡概念図

更に屋敷跡地より東山上を目指して強引に東斜面を直登すれば土塁を伴った物見とも見受けられる山上郭が存在しており城域の広さに更に拍車をかけている、個人的にはそこから更に藪漕ぎで南に聳える高城山を目指したが、その移動尾根上には小規模ではあるが郭跡を数箇所で確認する事が出来た。高城山山頂へは別に登山道も設置されておりこの日は登山客と出くわしたが、ほぼ二段から成立する削平地は郭跡とも見受けられるもので、断定は出来ないが立地環境からも明らかに詰城として想像出来るものでもあり、想像を膨らませただけで下城を含めた壮大な規模の城跡が浮かび上がってくるにも感じられた。

12_shukaku_gawa_yori_koguti 南郭虎口側

18_shukaku_nai_dorui 主郭土塁

17_shukaku_nai_sekiretu_2 主郭内石列

24_umadasi_karabori_2 南郭空堀

39shukaku_higasi_yasiki_dankaku_gun 東屋敷跡郭群石垣跡

36_dankaku_sekirui_1 水の手付近の郭石垣跡

43_higasi_yama_toride 東山上郭

51_sanjyou_kaku 高城山山上削平地

城跡探索中は季節外れの降雪(四月)にも見舞われ、概念図に示す主郭北側空堀から更に北の郭跡までは踏破出来なかったが、外見から察してもその先までも城域は広がっている様にも見受けられた。とにかく城域は限りなく広いと見受けられるので、今回の様にルート図に示す範囲を歩き回れば足にも堪え、相当な体力を費やすのは必定でもあり、自分の様に縄張りを含めた城跡全体像を把握したいのであれば高城山山頂まで上る必要はあるとは思われるが、遺構を見学して楽しむのであれば下城から始まって上城の主郭周辺だけを押さえれば充分この山城を堪能する事が出来るのではないかとも思われる。赤埴城は限りなく広大な城域を持つ城跡であるが、見ようによっては限りなくロマンの広がる城跡なのである。

« 赤埴下城跡(奈良県宇陀市) | トップページ | 大富山城跡(広島県庄原市) »

奈良県の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤埴上城跡(奈良県宇陀市):

« 赤埴下城跡(奈良県宇陀市) | トップページ | 大富山城跡(広島県庄原市) »

無料ブログはココログ