« 喰代氏城跡(三重県伊賀市) | トップページ | 頭崎城跡(広島県東広島市) »

2009年2月 8日 (日)

府中桜山城跡(広島県府中市)

広島県府中市宮内にあって全国的にも有名な吉備津神社からは直ぐ真南の低山が城跡、神社の駐車場からも既に城山は望める位置にありルート図の如く南側へ住宅地の間を通り抜けて進行、城山の位置さえ確認出来れば山上の墓地あるいは荒神社に向う山道から城跡へは難なく到達出来る。2 1z

登城ルート

現状(一月)登城道中における尾根上の墓地転用地とも見受けられる郭跡は多少地形改変があったと思われ、当時の状態は見る人の想像に委ねられるが、最高所に位置する主郭と付随する西郭跡のみは整備されており、主郭櫓台までは明確に判別出来る状態にある。しかし西尾根及び北側は草木の生い茂る雑木林となっており全体像は掴み難く、西堀切と北側の墓地付近に存在する郭跡の一部程度しか判別確認は困難な状態にある。概念図に示すように古い形態の山城なので特筆すべき技巧を伴う遺構も見当たらず、山城としては醍醐味に欠け、見応えのある遺構も存在しないのが現実でもある。現状を見る限りでは防備も手薄であり恐らく戦国期までこの山城が機能していたとは思われず、推察ではあるが戦国期においては神社守備としての機能だけを担っていたとも見受けられる。

この古い形態を持つ山城にははっきり言って見応えのある遺構は存在しない、当然山城ファンには物足りないとは思われるが、当時を語る史跡として考えれば充分訪問をお薦め出来る物件と言える。一見味気ない様に見えるのだが、なぜか佇まいに風情、あるいは当時を思い起こすロマンを感じる事が出来るのである(個人的に)。

5_demaru_e_tozanguti 進入路

8_kaku 東尾根上郭跡

24_higasi_demaru_gawa 東出郭側

14_yaguradai 主郭櫓台

15_nisikaku 西郭

16_nisikaku_yori_shukaku 西郭より主郭

11_kita_e_horikiri_dou 堀切道

« 喰代氏城跡(三重県伊賀市) | トップページ | 頭崎城跡(広島県東広島市) »

中国(山陽)地方の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/27367080

この記事へのトラックバック一覧です: 府中桜山城跡(広島県府中市):

» ケノーベルGoogle Earth & Map エージェントからリンクのご案内 [ケノーベル Google Earth & Map Agent]
府中市エージェント:あなたの記事のダイジェストをGoogle Earth & MAPに掲載しました。 [続きを読む]

« 喰代氏城跡(三重県伊賀市) | トップページ | 頭崎城跡(広島県東広島市) »

無料ブログはココログ