« 龍王山城跡(三重県伊賀市) | トップページ | 高山城跡(奈良県生駒市) »

2009年2月17日 (火)

城氏城跡(三重県伊賀市)

三重県伊賀市伊勢路にあって、既にリポート掲載に及んだ掛田城跡からみれば東側の別丘陵上に位置しており、善福寺背後の丘陵上が城跡でもあり目と鼻の距離に位置している。もちろん戦国期における城氏の居城とは伝わるが詳細は不明

城跡へは掛田城を起点にすれば直ぐにでも分かり易く、ルート図の如く善福寺を目指して移動、寺院駐車場から集合墓地のある丘陵上まで上り、そのまま右(西側)手に移動すれば直ぐに城域となるが、墓地敷地も本来なら郭跡の転用で近世において多少造成整地したものと見受けられる。西端に位置する主郭までは東西に連続する相当な規模の郭跡を移動する事になるが途中に埋もれた堀切跡、石組み井戸?、郭内に人為的な凹状地を窺う事が出来る。

現状(二月)城跡は樹木も下草も比較的少なく見学し易く遺構の判別確認は容易に出来る状態となっている。主郭は方形居館跡の様相を呈しており、伊賀では定番とも思える分厚い高土塁あるいは虎口櫓台土塁は未だ健在でもあり、主郭三方を廻る空堀と並んで城跡最大の見所ともなっている。最上段に位置する土塁内壁には石垣跡も残存しており、随所に残る石垣痕あるいは崩落石から窺われる様に土塁内壁は全て石垣で補強されていた様にも見受けられる。館城の為に縄張り妙味には欠けるが、状態の良いのも相俟って主郭内から見上げる直立に近い土塁壁あるいは前述の虎口櫓台土塁は全体像を窺う事も出来、相当な迫力と見応えを感じ取る事が出来る。

個人的には掛田城とは日を改めての訪城となりリポート掲載も後手を踏む事になったが、まだ未訪でこれから訪問準備のある方にとっては効率の良い二城同日見学をお薦めしたい。画像でも確認出来るように主郭内は見通しも利き、下草も少なくこれ以上望めない状態が保持されているので、居館跡として見学する分においては申し分のない状況下にある。先に掲載に及んだ掛田城と同日訪問すれば間違いなく満足感に浸れて、それ以上のものが必ず得られると断言してもよい、是非お薦め出来る城跡と自分の目には映った。

1route_2 登城ルート

3j 城跡概念図

26_shukaku_yori_koguti_1 主郭内櫓台土塁

27_shukaku_nai_heki 主郭土塁壁見所

35_shukaku_koguti_2 主郭土塁虎口

23_dorui_naiheki 主郭上段櫓台

22_dorui_heki_isi_2 土塁壁の石垣跡見所

21_gaishuu_dorui 主郭大土塁上

18_dorui_yokobori 南側横堀と土塁見所

28_horikiri_dobasi_isi 西郭境の土橋側面石積み見所

« 龍王山城跡(三重県伊賀市) | トップページ | 高山城跡(奈良県生駒市) »

三重県の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/27799905

この記事へのトラックバック一覧です: 城氏城跡(三重県伊賀市):

« 龍王山城跡(三重県伊賀市) | トップページ | 高山城跡(奈良県生駒市) »

無料ブログはココログ