« 奥野部城跡(京都府福知山市) | トップページ | 五箇篠山城跡(三重県多気郡) »

2009年1月24日 (土)

神辺城跡(広島県福山市)

広島県福山市神辺町川北にあって国道313号沿いにある「天別豊姫神社」南背後の山の山上が城跡、戦国期以前より城跡は成立しており城主の変遷は激しいが主に毛利一族の居城と伝わる。

城跡へは山陽自動車道「福山東」ICが最寄の乗降口、そこから国道182号を経由して国道313号に針路変更し、国道沿いにある「天別豊姫神社」を目指して進行すればよい。神社交差点を過ぎれば東側数100m地点より右折、ルート図の如く吉野山公園を目指せば城山山上尾根に位置する歴史民俗資料館駐車場までは迷わず辿り着ける。その駐車場も恐らくかつての郭跡の転用とも見受けられ、直ぐ西側には櫓台に見えなくもない土塁と背後には大堀切を見て取る事が出来る。

現状(一月)城跡は整備が行き届いており、山上における郭跡並びに付随する遺構は全て容易に見学出来る状態にあり、遠く外見から城山を望んでも裸山に近く、当時の山城の状態に思いを馳せる事も容易であり、山城としてはこれ以上望めない整備保持状態にあると言ってよいものでもある。城跡に縄張り妙味は求められないが、コンパクト(規模は比較的大きい)にまとまった縄張りは見学し易く、短時間で全域を見て回りやすいので自分の様に遠くから訪れた者にとっては非常に有難い城跡と言える。特筆すべき見応えのある遺構が見当たらないのが難点ではあるが、これも状態の良さでカバーしており、見所を探すとすればまず残存状態の良さ、駐車場西側に備わる大堀切は最初に挙げられる。状態が良いので切岸も当時の状態に近いものを拝む事が出来、全体を通して木々の少ない事からもダイレクトに山城を体感する事が出来る。

戦国期山城を堪能するには持って来いの城跡でもあり、個人的には是非訪問をお薦めしたい山城の一つに挙げられる。

1 登城ルート

3_2 城跡概念図

4_enbou_1 城山遠望

8_kita_gawa_1 資料館側より城山

40_tatebori_ato 東側縦堀

11_yagura_ura_horikiri_1 駐車場西の大堀切見所

22_3maru_yori_2maru_heki 三丸より二丸切岸

23_2maru_yori_nisi_gawa_dankaku 二丸より西側

24_2maru_1 二丸内

28_shukaku_oote_koguti 主郭

31_kita_gedan_ido 北下段の井戸跡

« 奥野部城跡(京都府福知山市) | トップページ | 五箇篠山城跡(三重県多気郡) »

中国(山陽)地方の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神辺城跡(広島県福山市):

« 奥野部城跡(京都府福知山市) | トップページ | 五箇篠山城跡(三重県多気郡) »

無料ブログはココログ