« 筒江城跡(兵庫県朝来市) | トップページ | 鏡山城跡(広島県東広島市) »

2009年1月12日 (月)

土田観音山城跡(兵庫県朝来市)

この城跡は戦国期における大田垣氏の居城を伝えるのみで情報は皆無に等しく、他の但馬地方の城跡と同様に今回も場所を確定出来ぬままの訪問となったが、幸運にも地図上から想定した通りの場所に位置しており、無難に山上主郭までは辿り着く事が出来た。

結果的にこの城跡は自分の予想を遥かに上回る規模と遺構残存度を誇っており、これまでこの城跡に関しての情報が無かった事が不思議で仕方が無い(もちろん但馬史の中には登場していて既に調査されていたとも思われるが、、)ほどのものである。個人的にはこういった城跡は戦国期を物語る史跡として後世まで遺して欲しいし、この素晴らしい遺構群が見学の対象になれば、いずれにしても町起こしにも繋がるので、一人の山城ファンとしては切にそれを望むところでもある。決して期待は裏切らない正に推奨に値する山城と言えるものである。

城跡は兵庫県朝来市和田山町土田(ハンダ)にあって、国道9号にほぼ面している西側山上に位置しており、「ローソン」駐車場からは国道を挟んで西側を望めば既に見えており位置確認は直ぐ出来る。後は国道沿いにあるGS「ジョモ」を越えて直ぐ川沿いを西側に走り登山口となる神社に向う。神社からはルート図の如く山裾を巻く細い山道を通り、伐採の行われた段郭群まで少し歩き、そこから直登すれば堀切の備わる出郭、あるいは居館跡とも見受けられる規模の大きい山中腹郭群には難なく辿り着ける。更に西側へ東尾根段郭群を経由して上れば自ずと山上主郭までは到達出来る。(個人的には神社側から直登して東尾根より下山したが、その逆の方が上り易いし分かり易い)

城跡はとにかく城域が広い為に、自作概念図に示される縄張りを全て見て回るにはかなりの時間も要すが、見て回る分には期待も膨らみ更に楽しみが増すのも現実である。山上最高所に位置するのが主郭櫓台と見受けられ、それほど規模は大きくはないがそこを頂点として更に南山手側、北側尾根、直登口にあたる東尾根側へと隙間無く郭群が連なっており、数箇所の堀切で以って山上郭群は分断されている。状態は自然に任せた荒れ放題でもあり決して良いとは言えないが、一部は植林地あるいは冬季ともあって雑木密生地は少なく、山上から中腹に至るまでの遺構群はほぼ判別確認は可能、縄張りも容易に把握出来る状態にはある。特別これが凄いと言った技巧的な遺構は無いが、手入れのされていない無名に近い山城において、ここまで当時のままの縄張りが自然保持されているのは驚異でもあり、これが城跡最大の見所と言うべきものでもある。語れば限が無いが但馬地方に赴かれた際には是非一度訪ねて欲しいと思う山城の一つである。

Handa 登城ルート

4 城跡遠望

Photo 城跡概念図

5_tozanguti 登山口となる神社

46_horikiri_gawa_1a 東出郭群奥堀切見所

39_horikiri 東出郭大堀切見所

40_horikiri_one_gawa 堀切より尾根上郭

8_kita_demaru 北出郭と堀切見所

16_2maru_yori_shukaku 主郭側

20_minami_gawa_daidorui_1 主郭南側下の大土塁見所

21_dorui_sita_horikiri_1 南堀切見所

« 筒江城跡(兵庫県朝来市) | トップページ | 鏡山城跡(広島県東広島市) »

兵庫(但馬地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/26582408

この記事へのトラックバック一覧です: 土田観音山城跡(兵庫県朝来市):

« 筒江城跡(兵庫県朝来市) | トップページ | 鏡山城跡(広島県東広島市) »

無料ブログはココログ