« 坂内城跡(三重県松坂市) | トップページ | 五品嶽城跡(広島県庄原市) »

2009年1月27日 (火)

近津長谷城跡(三重県多気郡)

三重県多気郡多気町長谷にあって城山のほぼ山上に位置する「近長谷寺」の北背後の山の山上が城跡2x

城跡へは伊勢自動車道「勢和多気」ICが乗降口で一般道702号から丹生大師を目指して北上する、丹生大師手前から東に向いて近長谷寺に向う道があるが道標がないので注意が必要であるが、寺院さえ目指して進行すればとりあえず辿り着く事は出来る。道路行き止まりの駐車場からは少し上れば寺院となるが、社殿背後には城跡の案内板及び道標も設置されているのでそれに従えば迷わず山上主郭へは到達出来る。

現状(一月)城跡は山上主郭までは快適に遊歩道で上れるが、周囲は全て雑木笹藪によって覆い尽くされており、当然眺望は全く利かず他の郭跡への移動は難渋を極める状態にある。それでも木々の比較的少ない西側へ下りると土塁を伴う立派な空堀を拝む事が出来、更に周辺には下草で覆われてはいるが郭跡が目に留まる。現状移動及び視認出来る範囲は限られてくるが、主郭北大堀切(外見から判断)側から延びる二本の堀切は、大土塁を頂点として西側へ放射状に縦堀となって豪快に谷まで落ち込んでおり、それに挟まれる形で郭群が形成されているのは見て取れる。この見応えのある遺構も全体像を鮮明に窺う事が出来ないのが少し残念ではあるが、この現状を考えれば仕方のない事か、、

城跡は冬季にも拘らずこの状態であれば、夏季の訪問は絶対に禁物!全体像などを把握する事は当然不可能とも予想される。個人的に訪れた数ある山城の中でも五本の指に入る藪城でもあり、これから先も良い状況に変わるとはとても思えない。しかし一人の山城ファンとしては山上までは遊歩道で上れるのであれば、せめて見通しの利く状態にまでは改善して欲しいと願うのみである。

結果的には城跡全体の恐らく1/3程度しか見て回る事は出来なかったと思われるが、個人的には二本の大堀切によって山城の醍醐味は感じる事が出来たので、期待していなかった分まずまずの訪城と言えるのかも、、、しかし見応えのある堀切画像が残せなかったのが非常に残念な処ではある。

1routo 登城ルート

9_tozanguti 登城口

K_6 主郭土塁虎口

K_8 主郭

K_11 西空堀

K_27 西郭跡

K_20 堀切見所

« 坂内城跡(三重県松坂市) | トップページ | 五品嶽城跡(広島県庄原市) »

三重県の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/26957277

この記事へのトラックバック一覧です: 近津長谷城跡(三重県多気郡):

« 坂内城跡(三重県松坂市) | トップページ | 五品嶽城跡(広島県庄原市) »

無料ブログはココログ