« 塩宇山城(山口県大島郡) | トップページ | 我山城跡(三重県伊賀市) »

2009年1月31日 (土)

琴石山城跡(山口県柳井市)

この城跡は登山客の多く訪れる事でも有名な琴石(コトイシ)山(標高545m)の山上に位置しており、山口県柳井市琴石山にある。案内板による説明が無ければ最初からここをかつての山城として訪れる者は皆無であろうとも思われるが、かつて「事能(コトヨシ)要害」と呼ばれた様に、海岸からは比高も相当なものがあり、山頂からは瀬戸内海側はもちろんの事、四方に眺望が利き、往時においては地の利も活かした要害堅固がそのままあてはまる山城であったように見受けられる。2annai

登山口は数箇所にあるが国道188号沿いにあるJR「柳井港」駅からは北東に一際高く聳える険峻な山塊がそれであり、麓からも直ぐ確認は出来る。ルート図に示すJR「柳井港」駅の東側数10mの地点にある踏切を渡り、ほぼ北側山に向いて車を走らせれば道標もあるので山上近くの駐車場までは迷わず辿り着ける。個人的には山中腹辺りの駐車場からトレッキング気分で山上を目指したかったのだが、天候(降雪)に恵まれず積雪の前に急いで直接車で登る羽目になった。駐車場からは遊歩道も設置されているので数分で山上主郭には到達出来る。現状(一月)積雪のせいで一面真っ白な状態でもあり、細部に渡る遺構の確認までは出来ない状況ではあったが、山上最高所の主郭跡及び東尾根から西尾根に渡って郭跡を確認することが出来た。他では唯一尾根上に空堀(土橋付き)、主郭壁に石垣痕などを確認出来た程度で、室町期に成立した古い形態の山城である為、あるいは多少公園化している状況でもあり多くの残存遺構は望めない状況と言えるものでもあった。

悪天候の条件下ではあったが山上は素晴らしい眺望で、最初から縄張り妙味あるいは遺構には期待出来ない山城であるが、山上は木々の少ないことからも城跡全体像を窺うことが出来、状態も良いので天候さえ良ければ充分な満足感に浸れたとも思える。機会があれば我が故郷からもそう遠くないので、天候の良い日を選んで麓から山歩きを楽しみながら再訪してみたいと思わせる城跡である。

古い形態の山城としては恐らく四季を問わず最高のコンディションが維持されていると見受けられ、登山も楽しめて山城も味わえるこの地方では有数の城跡と言えるのは確かである。尚、城跡に必要以上に遺構を期待してはいけない、存在そのものが充分戦国ロマンの漂う険峻さを誇る山城でもあり、多くの登山客は訪れるが個人的にひっそりと雰囲気を味わうのがベストとも思える、正しく「天空の城」と呼ぶに相応しい山城なのである。

1a 登山ルート

3_11 城跡概念図

4aa 海岸側より城山遠望

10_monomi_kaku 東端物見か

20_sita_horikiri_1 東郭より東尾根堀切

18_dobasi_horikiri_1 堀切土橋

22_higasi_kaku_1 東郭

24_higasikaku_gawa 山頂より東郭側

25_shkaku 山上主郭

26_shukaku_iwa_yagura_2 主郭内の大岩盤

32_zanseki 土留め石か

31_shukaku_yori_nisikaku_gun 山上主郭より西郭群

« 塩宇山城(山口県大島郡) | トップページ | 我山城跡(三重県伊賀市) »

中国(山陽)地方の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/27449172

この記事へのトラックバック一覧です: 琴石山城跡(山口県柳井市):

« 塩宇山城(山口県大島郡) | トップページ | 我山城跡(三重県伊賀市) »

無料ブログはココログ