« 淡河城跡(兵庫県神戸市) | トップページ | 小竹氏城跡(三重県伊賀市) »

2009年1月29日 (木)

萩原城跡(兵庫県神戸市)

城跡は兵庫県神戸市北区淡河町萩原にあって、県道38号を西に向いて走れば目印となる北区役所出張所で左折あるいは次の理容院の角を左折、どちらで進路変更してもルート図の如く走れば城跡へは難なく辿り着ける。道幅が狭いので車の駐車は南郭の廃車トラックの放置されている場所に寄せれば迷惑はかからないとは思われる。ここからは北側に回りこんで虎口跡から直接進入してもよいし、図に示す大堀切より南虎口へ向いて直接上っても直ぐ主郭へは到達可能である。

城跡は有馬氏の居城と伝わり、西側に位置する淡河氏の居城である淡河城とは敵対する立場にあり、三木城攻めの際には秀吉軍に加わり参戦していた模様である。

現状(一月)城跡(主郭)内は冬枯れはしているが、雑木あるいは矢竹によって覆い尽くされているので見通しはかなり利き難い状態にある。流石に周囲を囲む高い土塁の全体像は遠くからは拝めないが、傍に近寄るか土塁上を歩いてみると主郭を一周しているのが分かる。土塁虎口も南北に二箇所残されており、南側虎口を形成する土塁は更に高く櫓台を想像させるものでもある。主郭南大堀切は高さも伴うもので主郭の土塁と並んで城跡の唯一の見所ともなっており、側へは土塁を伴う空堀となって繋がっている。現状ではこの辺りまでが残存している遺構であり、主郭西側及び北側は住宅地あるいは農地として全域が造成されており、城跡遺構はほぼ主郭を残して消失している様にも見受けられた。

城跡としては主郭回りを除けば遺構残存度は非常に低いと見受けられるが、淡河城跡とは車で県道移動数分の距離にあり、更に時間の余裕のある方は天正寺城跡(リポート掲載済)までも足を延ばす事も可能であり、二城あるいは三城同日訪問としても余裕を持って城跡巡りが可能であり、三城の立地環境あるいは歴史なども事前に把握して赴けば、更に城跡巡りの楽しさが増すのではないだろうか。

1route 登城ルート

H_10 主郭北虎口

2ha 城跡概念図

7 道路沿いより大堀切

H_29 大堀切壁見所

H_17 東土塁空堀

H_21 主郭

H_7 主郭北土塁虎口

H_4 H_26主郭南土塁虎口

« 淡河城跡(兵庫県神戸市) | トップページ | 小竹氏城跡(三重県伊賀市) »

兵庫(三田~播磨地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/27121553

この記事へのトラックバック一覧です: 萩原城跡(兵庫県神戸市):

« 淡河城跡(兵庫県神戸市) | トップページ | 小竹氏城跡(三重県伊賀市) »

無料ブログはココログ