« 守道城跡(奈良県宇陀市) | トップページ | 保津城跡(京都府亀岡市) »

2008年12月 9日 (火)

柏尾山城跡(兵庫県神崎郡)

兵庫県神崎郡神河町東柏尾にあって、既にリポート掲載済みである寺前城跡の東側に位置する一際高く聳える標高453mの大嶽山の山頂が城跡、赤松氏の家臣であった粟生氏の居城と伝わるが詳細は不明。

城跡へは車で中国道福崎ICで降りて播但道あるいは国道312号で北上し、神崎で県道8号に左折、後はルート図の如く右折して薬王子神社を目指せば登山口には容易に辿り着ける。神社からは西側に向いて一帯森林公園をハイキング出来る登山遊歩道が設置されているので、それに従えばやがて山上NHK中継施設への巡視道と合流する、更に道に任せて上り続けるとやっと山上まで辿り着く事が出来る。しかし比高300mを誇るこの山城を上り切るには相当足腰には辛いものがあり、神社からは距離もあるが時間も掛かる(正確ではないが50分程度は掛かったかも知れない)。

現状(10月)城跡は予期していた通りの藪化真っ只中にあるが、規模が小さい為に遺構の判別確認は容易に出来る状態である。鉄塔の建つ場所が主郭に相当すると思われるが、その西側下に郭が形成されており主郭壁に石垣跡を窺う事が出来る。この石垣跡は中々規模が大きく残存しているので見応えも抜群であり唯一の見所でもある、これを眺めればここまで登って来た甲斐もあり、登山の疲れも一気に吹き飛んでしまう。山上郭群の規模は小さく麓のどこかにあると思われる居館跡の詰城とも察せられるが、更に南側あるいは北側尾根にも郭が展開されていた可能性も考えられる、この時既に四時を回っていた(まさかここまで上るのに時間を要す山城とは思っていなかった)ので尾根上は踏破は出来ず下山を余儀なくされたが、再訪の余地を少し残してしまったのが心残りではある。

1_kasio453m 登城ルート

3kasi 城跡概念図

5_sinrinkouen 尾根上の郭跡か

86_shukau_isigaki  山上主郭石垣跡見所

10shukaku_sita_kaku 12 主郭西下段郭

15sizenseki_dorui_koguti 西郭土塁虎口に見える

14 虎口郭

« 守道城跡(奈良県宇陀市) | トップページ | 保津城跡(京都府亀岡市) »

兵庫(三田~播磨地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/24780526

この記事へのトラックバック一覧です: 柏尾山城跡(兵庫県神崎郡):

« 守道城跡(奈良県宇陀市) | トップページ | 保津城跡(京都府亀岡市) »

無料ブログはココログ