« 本郷城跡(奈良県宇陀市) | トップページ | 細野城跡(三重県津市) »

2008年12月 3日 (水)

本郷東城跡(奈良県宇陀市)

奈良県宇陀市大宇陀区本郷にあって、先にリポート掲載に及んだ本郷城へ向う三叉路分岐地点より、右側へ道路を少し登れば、直ぐにこの城跡の北端と思われる切り通しに迎えられる。これは大堀切の様にも見受けられるが、形が整い過ぎているので近年において造成拡張された可能性はある。

この城跡は本城と違い主郭周りの風化が藪化が激しく、下草も生え放題となっており、一部は墓地になったり木材がそのまま放置してあったりするので、お世辞にも良い状態とは言えない。東に延びる郭群も草木に覆われているので外見から形状なりは判断するしか手が無い状況である。ただこの城跡は規模あるいは縄張りの形態を問うのはどうでもよく、南あるいは東に直線的に長く延びる空堀土塁が、唯一この山城の存在を示す全てと言っても過言ではない遺である。本城に寄ったついでに、この空堀遺構を見るだけでも充分な価値を含んだ山城であり、これに醍醐味を感じ取れれば訪問した甲斐があると言うものである。

歩き回る距離も短くてすみ、二城セットとして見学出来るので非常にお手軽な城跡と言えよう。

1route 登城ルート

3hh 城跡概念図

5_kiritoosi_1 北端の切り通し道

8_kita_horikiri 北堀切

11_karabori_1 南へ空堀道

13 南空堀土塁見所

20_karabori_dou_2 東側空堀土塁見所

20_karabori_dou_3 空堀道

« 本郷城跡(奈良県宇陀市) | トップページ | 細野城跡(三重県津市) »

奈良県の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本郷東城跡(奈良県宇陀市):

« 本郷城跡(奈良県宇陀市) | トップページ | 細野城跡(三重県津市) »

無料ブログはココログ