« 矢田城跡(京都府亀岡市) | トップページ | 柏尾山城跡(兵庫県神崎郡) »

2008年12月 8日 (月)

守道城跡(奈良県宇陀市)

奈良県宇陀市大宇陀区守道にあって守道小学校の道を隔てた北東尾根先端より既に城跡、守道氏の居城と伝わるが詳細は不明。

城跡は大阪市内から向う場合はまず国道166号に進入する事が先、この国道から大宇陀区に入ればルート図の如く守道小学校を目指せば、城跡付近までは分かり易く到達出来る。守道小学校からはプール施設の背後の畑を横切り、堀切から直接山上を目指しても良いし、いきなり校門前の南郭先端部に取り付いて、北側へ上っても容易に山上主郭までは辿り着く事が出来る。

城跡は二つの峯に分かれて郭の展開を成すもの、現状(五月)西郭群の方は相当荒れてはいるが木々も伐採されており、ある程度見通しが良く郭跡の判別確認は何とか出来る状態にある、しかし長年の地表風化の為にはっきりした切岸などは確認し難いのが現状でもある。最高所にある主郭の位置する東郭群は雑木、矢竹の密生地となっており移動も困難、更に郭内部に足を踏み入れる事にも支障を来たす状況でもあり、郭形状及び内部の遺構の確認までには至る事が出来なかった。それでもこちらの東郭群から北郭にかけては土塁、堀切(縦堀)、空堀遺構などは確認する事が出来たので収穫はあったと言えるが、、

城跡全体を考えれば地形を生かし切った縄張りプランでもあり、中々変化にも富んでおり、技巧的な遺構には余り巡り合えなかったが、ユニークな縄張りを持つ山城を充分に楽しむ事は出来た。

2_1route 登城ルート

3m 城跡概念図

13_nisi_daihorikiri_2 西大堀切(進入口)

11_minami_kaku 西郭群の南側

10_nisi_dankaku_gun 西段郭群

8_nisi_shukaku 西主郭

15_karabori_dorui 東郭群の空堀

17_dorui_koguti_1 北郭側の土塁虎口

18_kitakaku_1 北郭

« 矢田城跡(京都府亀岡市) | トップページ | 柏尾山城跡(兵庫県神崎郡) »

奈良県の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 守道城跡(奈良県宇陀市):

« 矢田城跡(京都府亀岡市) | トップページ | 柏尾山城跡(兵庫県神崎郡) »

無料ブログはココログ