« 八百里城跡(兵庫県篠山市) | トップページ | 大山城跡(兵庫県篠山市) »

2008年12月17日 (水)

武路城跡(兵庫県篠山市)

兵庫県篠山市今谷にあって、そこからはすぐ西側に八百里城も望める位置にある事からも、支城あるいは砦跡とも窺える山城。

城跡へは八百里城を起点にすれば分かり易く、ルート図の如く北側から農道へ進入する。正面の丘は既に城域の一部とも窺われる削平地となっており、突き当たりの小川からすぐ右手に眼に留まる小屋まで歩き、橋を渡れば小川沿いからそのまま丘陵に取り付く、後は南に向いて急斜面を上れば10分程度で山上主郭までは辿り着ける。

現状(12月)山城巡りとしては最高の時期でもあり、山上郭内は木立は多いが落葉もしており、移動も容易く見通しが利く(道路に路駐した車が見える程)ので、遺構は全て判別確認出来る状態にある。城跡は主郭の最高所には櫓台と見受けられる小規模な土塁が設けられており、自然地形をそのまま利用して尾根を削平し、五本の堀切によって尾根は分断され郭も独立した形態となっている。よって小規模な山城ではあるが見る者にとっては変化に富んでいる分、楽しく見て回れる状況でもある。見所を挙げれとすればやはり五本の堀切と言う事になるが、特に東郭から出郭に至る南斜面の橋を挟んだ二連の堀切は、風化によって随分埋もれてはいるものの、城跡中一番技巧を感じ取る事が出来る見応えのある遺構と目には映った。

地形図から察せられる様に西側枝尾根上あるいは更に南側尾根上にも間違いなく郭は展開されていると推察されるが、恐らく取り付き地点に窺われた様な削平地といった程度のものとも想像出来るので、探索はこれまでとして次の予定地でもある、尾根は共有しているが遠く南端に位置する大上西ノ山城に向う。

1_route1_2 登城ルート

5_1 進入路

3buro_2 城跡概念図

10_shukaku 山上主郭

9_shukaku_yagura 櫓台土塁

17_minami_kaku_1 南郭

18_horikiri1_1 南側堀切見所

25_horikiri 東郭堀切

26_higasi_kaku_1 東郭

27_horikiri_dorui_2 東郭南斜面の堀切見所

« 八百里城跡(兵庫県篠山市) | トップページ | 大山城跡(兵庫県篠山市) »

兵庫県の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/26083615

この記事へのトラックバック一覧です: 武路城跡(兵庫県篠山市):

« 八百里城跡(兵庫県篠山市) | トップページ | 大山城跡(兵庫県篠山市) »

無料ブログはココログ