« 庄山城跡(兵庫県姫路市) | トップページ | 城山城跡(兵庫県たつの市) »

2008年12月23日 (火)

市原城跡(兵庫県篠山市)

兵庫県篠山市今田町市原にあって集落の北西に聳え、道路沿いから見るにすぐ山城と見分けの付く綺麗な形をした山の山上が城跡、八上城主波多野氏の家臣でもあった小野原氏の居城と伝わるが詳細は不明、尚この地より東側2kmの距離には小野原砦跡とされる遺構が残存している。

城跡へは国道372号より今田地区に入ればルート図の如く進行すれば、道路沿いに城山神社と描かれた赤い大きな貯水タンクが眼に留まるので、城跡進入路は直ぐ確認出来る。後は近世に設置された長い石段を登り切れば山上まで辿り着ける。

現在山上主郭には城山稲荷神社が建立されており、当時の面影はほとんど失われていると思われるが、郭構成としては当時より大きな改変はされていない様にも見受けられる。規模も小さく物見程度の機能としか目に映らないもので、麓のどこかに居館があったと想定すれば、有事における詰城の機能を担っていたのであろうか。

Ono 登城ルート

Ono_3 麓より遠望

Ono_5 山上郭群

Ono_6 Ono_7 山上主郭の現在状況

小野原(東砦)城跡  この城跡へは国道372号を走り、市原城跡に向うまでに国道からはすぐ目に入るが、ルート図の如く一旦国道を外れて墓地から直登する(10分内で)以外方法は無い。城跡はほぼ単郭構造の削平地であり面白味にも見応えにも欠けるが、土塁壇と堀切だけは西側に一本だけ備わっている。現状(7月)自然任せで木々に覆われているが、残存遺構は堀切と郭跡のみなので判別確認は可能である。市原城跡に寄ったついでとして訪問する分には、何ら期待外れに終わる事は無い様に思われる。もちろん市原城跡も山城を体感するだけの城跡ではあるが、、、

1route_3 登城ルート

5_tozanguti 登山進入路

10_shukaku_dorui_dan_1 主郭土塁壇

12_horikiri 堀切

« 庄山城跡(兵庫県姫路市) | トップページ | 城山城跡(兵庫県たつの市) »

兵庫県の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/24786302

この記事へのトラックバック一覧です: 市原城跡(兵庫県篠山市):

« 庄山城跡(兵庫県姫路市) | トップページ | 城山城跡(兵庫県たつの市) »

無料ブログはココログ