« 石打城跡(奈良県奈良市) | トップページ | 北野城跡(京都府綾部市) »

2008年11月 6日 (木)

吐田城跡(奈良県御所市)

奈良県御所市関屋にあって葛城山から東側に延びる枝尾根上の標高280mの山上が城跡、吐田(ハンダ)氏の居城と伝わるが詳細は不明。

城跡へは大阪市内から御所市までは繋がっている国道309号を利用すると分かりやすく、御所市内に入れば県道30号の交わる「名柄」交差点からは真西側に位置する山が城跡にあたるので、そこからは直ぐの距離にある一言主神社を目指せば良い。到着後はルート図の如く池沿いに歩いて南下、小さな谷川を越えればV字谷の奥へ(西側)と進み、右手の斜面に取り付きそのまま上れば、ほどなく東先端の郭跡(神社からは20分程度)には辿り着ける。

現状(五月)城跡は植林地である事も手伝って比較的見通しが良く、残存状態も悪くはないので遺構の判別確認は容易に出来る状態にある。特に見所でもある切岸の状態は良く、鋭角に谷底まで落ち込む様が鮮明に見て取れ、同様に主郭西側の大堀切などが縦堀となって落ち込む様は圧巻とも呼べる遺構となっている。東郭には郭を仕切る食い違い土塁虎口、西側の細い尾根移動道にも連続堀切が備わっており、更に西出郭端で大堀切となって山上郭群の独立性を保持している。探せば細部に亘って縄張りとしての技巧が窺え、中々見応えがありながら山城としての醍醐味も充分感じる事の出来る城跡と言えよう。

全体を通して見れば残存状態も良く、遺構残存度も高く、更に縄張り妙味も加わり、三拍子揃った推奨出来る山城の一つである。

尚、ここから県道を隔てた東側の集落辺りには居館跡とされる水堀が一部現存しているので、ついでに寄ってみても良いのではないだろうか。

1route 登城ルート

3_2_2 城跡概念図

18_higasikaku_nai

東郭

21_koguti_dorui 食い違い土塁見所

23_nakamaru 中郭

29_shukaku_nai 主郭

30_shukaku_minami_dankakugun_1 南段郭群

40_daihorikiri 大堀切見所

41_horikiri_yori_heki 堀切壁

62_yakata_hori_2 館跡の水堀

« 石打城跡(奈良県奈良市) | トップページ | 北野城跡(京都府綾部市) »

奈良県の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吐田城跡(奈良県御所市):

« 石打城跡(奈良県奈良市) | トップページ | 北野城跡(京都府綾部市) »

無料ブログはココログ