« 誉田城跡(兵庫県丹波市) | トップページ | 上鴨阪城跡(兵庫県丹波市) »

2008年11月27日 (木)

誉田西城(兵庫県丹波市)

new 先にリポート掲載に及んだ誉田城跡を仮に本城とすれば、堀切を挟んで西山上に位置する此方の城跡は、便宜上両者を区別する為に誉田西城跡として載せたが、実際にどちらが先に成立したものであるのか、あるいは誉田城跡の一城別郭として本来から成立していたものなのかは、現状では知る術も無い処である。

個人的に全体を見て回った結果としての判断では、山上に位置する西城の方が規模は勝ると思うが、堀切(二箇所のみ)の埋もれ方、利便性(高所に位置する)、技巧を用いない縄張りなどから先に成立したものと解釈したが、仮に両城併せた郭占有面積は非常に大きく、本城東端から西城西端までの城域は楽に1km近くには達するものと思われる。

西城跡へは本城西端の堀切から、そのまま急斜面を山上まで登り切れば10分内で到達出来るが、山上は起伏の少ない平坦地形であり、その尾根上は満遍なく郭群で埋め尽くされている。東西の両端に広大な郭が配されており、それを連結させる尾根上には風化の為に分かり難いが、段差の見て取れる郭群が無数に形成されている。技巧さは無いが山城の醍醐味は充分に感じられるものである。現状(11月)、状態も良いので山上における縄張りも掴みやすく、遺構としては陸上競技の行えそうな広い郭跡、土塁(櫓台)、堀切だけである(縦堀は確認出来なかった)が、此方の西城も充分見学に値する城跡だと思われる。

3nisi 城跡概念図

5_kiritoosi_3 上り口となる堀切

9_higasi_kaku_2 山上東郭

12_horikiri 埋もれた堀切

15_naka_kaku_gun 中郭群

17_nisi_kaku 山上西郭

20_yaguradai 山上西郭の櫓台土塁

« 誉田城跡(兵庫県丹波市) | トップページ | 上鴨阪城跡(兵庫県丹波市) »

兵庫県の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/25570524

この記事へのトラックバック一覧です: 誉田西城(兵庫県丹波市):

« 誉田城跡(兵庫県丹波市) | トップページ | 上鴨阪城跡(兵庫県丹波市) »

無料ブログはココログ