« 高龍寺城(京都府福知山市) | トップページ | 吐田城跡(奈良県御所市) »

2008年11月 6日 (木)

石打城跡(奈良県奈良市)

奈良市月ヶ瀬石打にあって集落の北側に迫り出した丘陵尾根先端が城跡、稲垣氏の居城と伝わるが詳細は不明。

城跡は地図でも分かり難く、目印となるものも見当たらず更に説明し難い場所にある。名阪国道から県道82号に入れば石打集落を目指し、ルート図を手がかりとして三叉路を北に向う、少し走れば道路沿いに見落としてしまいそうな小さな案内板があるが、道標はないので図を参考に採土場方向に進行してもらうしか方法がない。そのまま伝館跡地までは車道で行けるので楽でもあり、そこからは既に城域となっている。

現状(12月)城跡は冬季にも拘らず主郭を除けば全域に雑木矢竹は生い茂り、一部の郭跡では視認もし辛く(移動は容易に出来る)、遺構の判別確認には相当難渋する状態となっている。現状確認出来る遺構は堀切、主郭及び周囲の土塁、三の丸内、空堀土塁と言ったところで、規模がそれほど大きくないので全体像は掴む事は出来るが、納得の行く城跡見学は出来ない状況でもある。城跡遺構は完存に近い形でもあり残存度は抜群と言えるのであるが、荒れ放題の藪の為に視認も出来ない箇所があり、折角の遺構群も勿体無いばかりである。偶然この山の管理を任されている方に出会う事が出来、同行して見て回る事が出来たが「史跡を管理保持する補助金も出ていないし管理して行く人材も不足している」との事で「これから先も遺構の維持は中々難しく(後継者もいない)、荒れ放題になって行くのかも知れない」との見解であった。非常に寂しい思いで城跡を後にしたが、個人所有の土地ともなれば中々管理の問題で市との交渉事もまとまらず、行き詰まるケースが出てくるのが現実の様である。

木々の伐採の後にタイミング良く訪れる事が出来れば必ず楽しめる城跡となるのだが、早く其の日が訪れる事を期待したいところではある。

1route1 登城ルート

1nawa 城跡概念図

5_tounan_hasi 南郭壁の城跡碑

14_oote_koguti 大手虎口

19_shukaku_koguti 主郭虎口

20_koguti_uti_yori 主郭内土塁

37_karabori_mushakakusi_2 主郭北空堀

28_nisi_daihorikiri 西大堀切

51_3maru 三の丸

« 高龍寺城(京都府福知山市) | トップページ | 吐田城跡(奈良県御所市) »

奈良県の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石打城跡(奈良県奈良市):

« 高龍寺城(京都府福知山市) | トップページ | 吐田城跡(奈良県御所市) »

無料ブログはココログ