« 大木城跡(兵庫県西脇市) | トップページ | 黒木西城跡(奈良県宇陀市) »

2008年11月11日 (火)

黒木東城跡(奈良県宇陀市)

城跡は奈良県宇陀市大宇陀区黒木にあって、名阪国道「針」ICを車で降りた場合、国道369号から国道370号へと乗り継ぎ南下、大宇陀区に入ればルート図の如く左折して現地まで向う。山上へ通じる登山道は無く直登となるが、基本的には西南側から藪漕ぎで取り付き上れば南出郭あるいは西出郭辺りには直ぐに到達出来る。個人的には、こちらから上れば直ぐにでも山上まで上れそうな場所に一軒だけ民家があり、そこの住人に声をかけて庭先を通らせて貰い、畑を通過してそのまま斜面に取り付き、直登で辿り着く事が出来たが、、、(留守の場合は前述の藪漕ぎルートが無難) 城史に関しての詳細は不明

現状(五月)城跡の六割は植林地となっており意外に見通しは良いが、他は草木が蔓延っており視認に難渋する場所も少なからずある。しかし主要な山上郭群の遺構は判別確認出来る状態にはあり、ほぼ縄張りを把握する事も可能となっている。

城跡の最大の見所は、山上郭の東西を二分する大堀切で、山上から北麓まで土塁を伴って深く落ち込んでいく様は正に圧巻の一言に尽きる。この遺構だけの為に訪れたとしても、決して後悔はしないと思える、非常に見応えのあるものでもある。規模も想像していた以上に大きく、三の丸から主郭にかけての広さは楽に東西に100mは越えているものと察せられる。山上郭群だけを捉えれば広いだけで単調に思えるが、西側枝尾根上にも堀切を伴った出郭群が展開されており、縄張り妙味に加え醍醐味も感じられる城跡である。

1route2 登城ルート

5 西より遠望

1 城跡概念図

14_nisi_horikiri 西側の堀切

18_tate_dai_karabori_3 28_nisi_horikiri 東西二分の大堀切見所

19_nisi_horikiri_yori_3maru 堀切より三の丸

26_3maru_1 三の丸

24_yokobori_dorui 横堀

31_shukaku_nai 主郭

« 大木城跡(兵庫県西脇市) | トップページ | 黒木西城跡(奈良県宇陀市) »

奈良県の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒木東城跡(奈良県宇陀市):

« 大木城跡(兵庫県西脇市) | トップページ | 黒木西城跡(奈良県宇陀市) »

無料ブログはココログ