« 鎌谷城跡(京都府船井郡) | トップページ | 野間山城跡(兵庫県多可郡) »

2008年11月 3日 (月)

垣内城(京都府船井郡)

new 最初にお断りしておかなければいけないが、この山城は現在手元にある情報あるいは資料の中には全く見当たらず(丹波地方史には載っているのかも知れないが)、今回の訪問リポートに置いては(暫定)和田城跡として扱わせて頂きたい。

09/11月、やっとこの城跡呼称が判明しました!

長い間この城跡名に関しては、頭に留めながらも一年間追求しておりましたが、ここに来て外部の信頼できる情報により、やっと公的呼称の判明に至る事が出来ました。城跡名は垣内(カイチ)城としてまず間違いないものと思えます。

訪問のきっかけは地図上で和田地区に「垣地」(この地名が付く場所は過去に置いて城跡であった地域がほとんどを占める)があることを見つけ、鎌谷城跡からも直ぐ近くに位置しており、ついでに寄り道探索するつもりでいたものである。ただ訪問した結果として、測量関係者以外は立ち寄った可能性が無きに等しく、更に人の手も全く入っていない様にも見受けられ、比較的残存度の高い遺構群は中々に見応えがある様に感じられる。まだ未訪で山城好きの方には是非存在を知って頂きたい、20分もあれば山上主郭まで到達出来る事もあって、人知れず歴史からも遠ざけられたこの山城は、機会があるのなら是非訪問をお薦めしたい物件でもある。

城跡は京都府船井郡京丹波町和田にあって、向う順路としては国道9号を走り、和田地区に入ればルート図の如くニュータウン分譲地(ほとんど住宅は建っていない)の細い道路に進入し、三筋目を右折して直登進入口に向う。そこからは北側に向いて上れば規模の大きな自然地形に近い郭を二箇所経て、間違いなく山上主郭へ辿り着ける。

現状(10月)城跡は当然の如く藪化真っ只中にあり、流石に直登中(僅かに踏み跡がある)は枝の隙間を縫って上る事もあったが、山上に置いては移動する事も遺構の判別確認も(容易とは言い難い)難渋はしない状態にはある。山上郭群は意外にも規模が大きく西側に迫り出した最大規模の郭跡は幅もあるが全長もある(目測で50m程度か、先に寄った鎌谷城跡の数倍)、直登中に確認した郭群も併せると案外城域は広く、規模もそれなりに大きい事が分かる。城跡の見所は手付かずの自然の中で未だに切岸を残す削平された郭群、堀切、土塁といった所で、年間を通して何人の人が訪れたのか大体想像の付くレベルにある山城と見受けられる。

山城探索を目的として見切り発車をした場合は空手形に終わる事も多いが、今回は城史も城主も謎に包まれたままの山城ではあるが、明確に残存する城跡遺構に巡りあえて非常に大きな充実感と満足感を味わう事が出来た。  

(この山城に関しての城史あるいは築城主なりをご存知の方は是非コメントを頂戴出来れば有り難く思います)

1_1 登城ルート

5 分譲地より遠望

6 直登進入口

3w 城跡概念図

8_one_kaku 尾根削平地

10_minamikaku 南郭

12_shukaku 藪状態の主郭

17_nisi_horikiri 西郭間堀切

20_nisi_saidai_kaku_1 西城中最大郭見所

« 鎌谷城跡(京都府船井郡) | トップページ | 野間山城跡(兵庫県多可郡) »

京都府の山城跡」カテゴリの記事

コメント

和田城ですか、驚きました。
この城の存在を最初に確認されたのが「丹波史談会」のW氏ですが、W氏より情報を頂いている私たち数名が知っているだけと思っていました。
この周辺には、鎌谷城以外にも井尻集落背後に3か所以外にも数城ありますがいずれもW氏や私の友人が確認した城がほとんどです。
和田城のような、殆ど情報の無い城ばかり行かれているのですが情報はどのように入手されているのでしょうか?
私は最近但馬地方の城を注目していますが、先日
は記事を参考に「伊賀谷城」に行きましたが非常に参考になりました。
有難うございました。
先日、「志高城」につてお知らせいたしましたが主郭
東側の2重堀切はお目にとまらなかったでしょうか?
次のレポート楽しみにしています。宜しくお願いします。

ブログ「山城賛歌」のTAKUです、早速のコメント有難うございます。今までの訪問リポートが少しでもお役に立っているのなら光栄の極みです。
ブログ読者の方に既に訪問された方がおられたとは正直ビックリです。この周辺にはまだ気になる山城があり、推定ですが水原、坂井城跡などは現存している様に思えます。場所が特定出来ていない為に当然未訪となっていますが、機会があれば探し当てたいと思っています。
伊賀谷城跡の畝堀はそれにしても残存状態も良く素晴らしかったですネ。
これからも出来るだけリアルな山城情報を掲載して行くつもりですので是非期待してご拝見下さい。

TAKU様、御返事有難うございまず。
大変マイナーな城ばかり行かれていることに驚いています。丹波市であれば「須知城」が大変有名ですが、「豊田城や和田城」は全くと言っていいぐらい注目されない城だと思っていました。参考の為「坂井城」はR9を福知山に向かい井尻の信号を過ぎ、左側にお宮さんのある三叉路の手前の山が坂井城です国道沿いの畑から上がらしてもらって道が途中まであります。他にはR173とR9の交差点の南に地元に人が立てた中世城跡の石碑がありますが「大朴城」ことと思いますが西側の丘にの上りましたが切岸らしきものがありましたが城跡と確認できませんでした。R173を北に上がると「三宮城」、豊田城の北には「富田城」そこから西には「実勢の城」などたくさんあります、ほとんどが先にお知らせしましたW氏と私の友人が存在を確認した城です。「上野城」について書かれていますが造成で削られたところには、土塁囲みの見ごたえのある遺構がありましたがろくに調査もされず”土建屋”に破壊されました。また友人は舞鶴地方の城の悉皆調査を行いましたが、その中で「北有路の城」も確認しましたが、墓地を過ぎ東屋があるところまではガッカリしていましたが念のため東屋の背後に回ると書かれているような遺構が残り驚きました。この由良川沿いには見ごたえのある城がたくさん残っています。有路には対岸に2ヶ所の城が残っています。今後ともよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/24822651

この記事へのトラックバック一覧です: 垣内城(京都府船井郡):

« 鎌谷城跡(京都府船井郡) | トップページ | 野間山城跡(兵庫県多可郡) »

無料ブログはココログ