« 黒木東城跡(奈良県宇陀市) | トップページ | 烏帽子城跡(兵庫県丹波市) »

2008年11月11日 (火)

黒木西城跡(奈良県宇陀市)

奈良県宇陀市大宇陀区黒木にあって先に掲載を終えた東城からはほぼ西側に位置する山の山上から北尾根上が城跡、城史に関しての詳細は不明。

城跡へは東城を起点にすれば分かり易く、ここから「椿寿荘」を目指せば車で数分の距離にある、到着後はルート図の如く池沿いに遊歩道を歩いて、南側の少し小高い展望テラスまで向う。そこからは山側に向いて直登すれば、直ぐに畝堀を有する郭跡までは到達出来る。

この城跡の最大の見所は非常にユニークな縄張りプランと技巧を伴う全ての堀切群にある、畝堀、縦堀、空堀(横堀)、堀切(尾根分断)と言った具合に次から次へと目を楽しませてくれる。現状(五月)畝堀は地表風化も激しく、下草及び木々に遮られて全貌は掴み難いが、ウネウネした地形は明確に捉えることが出来る状態にはある。他の遺構も相当藪に覆われており(特に櫓台最高所付近)視認にも移動にも難渋する場所はあるが、藪漕ぎしながら何とか縄張り全体像を把握する事までは漕ぎ着ける事が出来た。とにかく他では見られない様な異様とも言うべき縄張り、自然地形をフルに活かしきり全体としては曲線的に郭配置が成されている、こんな山城にはめったにお目にかかる事は出来ない。

ここまでのユニークさを誇るこの山城は当然見応えも醍醐味もあり、個人的には未訪の方は是非訪問して頂きたいと思う、推奨出来る城跡の一つである。

1route2 登城ルート

5 進入路

Zx 城跡概念図

8_kita_unebori_2 9_une_bori_1 畝状縦堀群見所

14_shukaku_3dan_kaku 主郭側の三段郭

14_shukaku_3dan_kaku_1 主郭

22_higasi_3dankaku_2 東側三段郭

24_higasi_3dan_1 東郭群の切岸

37_kita_2ren_horikiri 北尾根郭の二連堀切

« 黒木東城跡(奈良県宇陀市) | トップページ | 烏帽子城跡(兵庫県丹波市) »

奈良県の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒木西城跡(奈良県宇陀市):

« 黒木東城跡(奈良県宇陀市) | トップページ | 烏帽子城跡(兵庫県丹波市) »

無料ブログはココログ