« 上鴨阪城跡(兵庫県丹波市) | トップページ | 塩貝城跡(京都府南丹市) »

2008年11月28日 (金)

家所城跡(三重県津市)

三重県津市美里町家所にあって地区にある辰水小学校の西側にある丘陵上が城跡、家所氏の居城と伝わるが、信長の侵攻により落城した模様。詳細は不明

城跡へは大阪から向う場合、まず国道163号に進入する事が先決。城跡は民家と畑地を挟んで一般道657号にほぼ面しており、北側道路沿いの民家畑地を抜ければどこからでも縄張り内に進入する事は出来るが、通常のルートで臨めば辰水小学校よりルート図の如く南側から城跡案内板を経て、そこから上れば一番早く本郭部には到達する事が出来る。

現状(11月)、規模の大きな本郭部は整備されており、石垣跡、土塁跡、櫓台、空堀などの明確な遺構には、丁寧に表示がされているので見て回りやすい状態となっている、しかしこの城跡の遺構群は本郭部のこれだけにあらず、東西北側へ三方に広がっている縄張り内の遺構群であり、特に本郭部より北側は、民家あるいは農作地にまで広い屋敷跡、郭跡と見受けられる削平地、あるいは空堀土塁跡と井戸跡、石垣跡などの遺構を眼にする事が出来る。この区域は城跡を探索する分においては絶対に見逃してはならない、まだ多くの隠れた遺構の集中する区域と言える。

近年においては郭跡も民家敷地あるいは畑地として転用され、どれだけの地形改変があったのかは想像も付かないが、その部分も含めて城域として見る限りでは、それなりの規模を持った城跡の様に感じられた。今回は遠方への山城巡りとあって、余り一箇所に長居をする事も出来ず、東側を残して全域を踏破するまでには至れなかったが、城跡は見所も多く、見応えもあり充分過ぎるほど城跡の醍醐味は感じ取る事が出来た。又機会があれば再訪して、今度こそ全域を踏破して見たいとも思わせる、推奨出来る城跡の一つである。

1route 登城ルート

3 進入路

1x_1 現地案内板

11_karabori_horiwari 主郭北側の大空堀見所

20_horikiri_1 主郭西側の堀切

24_monseki_1 主郭大手虎口

27_shukaku_nai 主郭内の土塁

29_yagura_dai 櫓台

31_shukaku_miharidai 主郭内の大土塁

33_karabori 東郭と大堀切見所

36_horikiri_isi_1 石垣跡見所

« 上鴨阪城跡(兵庫県丹波市) | トップページ | 塩貝城跡(京都府南丹市) »

三重県の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/25397151

この記事へのトラックバック一覧です: 家所城跡(三重県津市):

« 上鴨阪城跡(兵庫県丹波市) | トップページ | 塩貝城跡(京都府南丹市) »

無料ブログはココログ