« 下山甲斐守城跡(三重県名張市) | トップページ | 吉原氏城跡(三重県名張市) »

2008年10月 4日 (土)

北畠具親城跡(三重県名張市)

三重県名張市奈垣にあって先に訪問リポートした下山城跡の遠く西側にあり国津小学校の北東向かいの山が城跡、城史に関しての詳細は不明

城跡へは一般道693号より南下すれば目印となる国津小学校まで辿り着けるのだが道幅も狭くこの道に進入するまでは非常にややこしい説明になるので省略させてもらう。少なくとも土地勘のない自分にとっては先に下山城跡に寄った事もあって道順には自信が持てない。むしろ下山城跡からはルート図の如く分かり易い

城跡は高台にある国津小学校からは既に北東側に見えており、その前の道を民家側に下りれば城跡案内板が道路沿いの民家横にあるので、そこから上へと上れば難なく辿り着ける。現状城跡は六月(梅雨時)ともあって相当な藪を覚悟して上ったが意外にもましな状態で、一部は植林地のせいか下草も雑木も蔓延っておらず案外見通しも効くので縄張りの七割以上は把握する事が出来たかも知れない。それでも熊笹で覆われた郭跡などは地表も見えないので推察によるしか手がなかったが切岸処理はされていた様には窺われる。大規模な主郭には虎口に櫓門でもあったかの様な土塁が備わり、規模の大きい櫓台が背後に土塁を伴って設けられている。堀切を挟んでは東郭を配し更に東南に向うほど藪はきつくなるので視認し辛いが東郭の堀切より南側にも郭は展開されていた様には見受けられる。

この時期の訪問であるが故に城跡には全く期待していなかったが予想以上に動き回る事が出来たのが収穫で、郭跡はもちろん土塁、堀切、空堀に至る技巧的な遺構まで判別確認する事が出来た。藪に覆われた南東未踏地を残したので全域を把握するまでには至れなかったのが残念ではあるが名門北畠氏の本格的な城跡に触れる事も出来、充分な満足感に浸ることも出来た。

1z 登城ルート

7_tozanguti 登城口の道標

3 城跡概念図

20_nisi_hasikaku 西端郭跡

28_shukaku_koguti_gawa 主郭内虎口側

30_kita_dankaku_gun_2 北段郭群

26_dorui_karabori 主郭空堀土塁

35_yagura_haigo_horikiri_2 櫓台背後の堀切

38_higasi_daihorikiri_1 東郭側の大堀切

« 下山甲斐守城跡(三重県名張市) | トップページ | 吉原氏城跡(三重県名張市) »

三重県の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/24124359

この記事へのトラックバック一覧です: 北畠具親城跡(三重県名張市):

« 下山甲斐守城跡(三重県名張市) | トップページ | 吉原氏城跡(三重県名張市) »

無料ブログはココログ