« 進美寺城跡(兵庫県豊岡市) | トップページ | 下山甲斐守城跡(三重県名張市) »

2008年10月 3日 (金)

奥氏城跡(三重県伊賀市)

三重県伊賀市喰代の里にあり伊賀地方にあっては有名な百地丹波城の北側の尾根に位置する城跡、奥氏の居城と伝わるが詳細は不明

城跡へは西名阪道を友生ICで下りた場合県道56号より喰代に向かう。集落に入ればルート図の如く三城も隣接しているので訪問はどの順番からでも効率よく見て回れるが、この奥氏城跡は道路から既に東側丘陵に郭跡が窺えるので直接休耕地より上っても良いし北側の集落を回り込んで二の丸(副郭)から進入しても何れも城域をほぼ見て回る事が出来る。

城跡はこの地域特有の方形単郭を繋げた形で構成されており縄張り妙味には欠けるが、やはり大土塁虎口と周囲を囲む土塁は相当見応えのある遺構となっている。特に西側の主郭虎口には二重とも見受けられ織豊系とも見て取れる高さのある大土塁が備わっている。現状(7月)ほぼ全域が竹林地及び雑木藪と化しており、夏季とも相俟って状態は良いとは言えないが遺構残存度は非常に高そうに思える。

尚、この城跡の北側集落にある尾根先端には館跡もあると聞くがこちらも現状全域に置いて竹林地と化しており状態も悪く、おまけに民家側からの進入を余儀なくされるので踏破には至る事が出来なかった。

1z 登城ルート

3 城跡概念図

7 道路沿いの直登口

15_koguti_daidorui 西土塁虎口見所

24_shukakunai_koguti_1 主郭内より虎口

21_yagura_heki 主郭東側切岸

31_2maru_dorui 二の丸土塁

30_2maru_yori_shukaku 二の丸より堀切

34 堀切

« 進美寺城跡(兵庫県豊岡市) | トップページ | 下山甲斐守城跡(三重県名張市) »

三重県の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/23955155

この記事へのトラックバック一覧です: 奥氏城跡(三重県伊賀市):

« 進美寺城跡(兵庫県豊岡市) | トップページ | 下山甲斐守城跡(三重県名張市) »

無料ブログはココログ